1. トップ
  2. グルメ
  3. 便利さよりも大事なものとは? 飲料店の営業時間短縮に賛成が●●% 【パパママの本音調査】 Vol.159

便利さよりも大事なものとは? 飲料店の営業時間短縮に賛成が●●% 【パパママの本音調査】 Vol.159

  • 2017.9.26
  • 593 views

今までは24時間営業のコンビニやファミレスがあるのがあたりまえ。都市圏ではスーパーなども夜遅くまで営業しているところもあります。ところが、人手不足などの影響を受けて営業時間の短縮をする飲食店や小売店が増えているそう。この動きについてパパママ世代はどう考えているのでしょうか。

Q.飲料店や小売店の営業時間短縮、どう思う?
1.良いと思う71.4%
2.良いと思わない10.6%
3.わからない・どちらとも言えない 18.1%

良いと思うという人が71.4%と多数派。働きすぎの日本人にそろそろ違う価値観が生まれる時代になっているようです。便利な世の中よりも、家族との時間などを大切にしたいとパパママ世代は考えているのかも。

■営業時間短縮に賛成! 日本人はもっと休むべき

確かにあれば便利だけど、ないと困るほどではないから営業時間の短縮は賛成という意見が。便利なことより働く人がしっかり休みを取れる環境の方が大事と考えている人が多いようです。

「飲食店・小売店の方にもお休みは必要! 便利になりすぎて過重労働者が増えている気がする」(宮崎県 40代女性)

「24時間、年中無休は大変ありがたいのですが、季節感を感じなくなりました。10時閉店、盆暮れ正月くらいは休んでもいいんじゃないかと思います」(神奈川県 40代女性)

「お金儲けのためにやっているのだから、費用に見合う利益が上がらなければ締めればいいだけでしょう」(千葉県 50代男性)

「豊かさを追求した結果、便利になったけど、代償も多い気がします。過労死裁判が報道されていますよね。深夜営業もしかり、日本全体を見直す時期にきているのでは」(広島県 30代女性)

■深夜営業の廃止は犯罪防止にもつながる!?

コンビニやファミレスなどに集まる未成年のことを考えると、そもそもお店がやっていなければ、夜出歩くこともなくなるのではないかという意見もありました。

「未成年の深夜の外出や犯罪防止にもつながるかな」(神奈川県 40代女性)

「夜はみんな家へ帰りましょう。空いていなければ行かないし、事件も減るのでは。現在は便利すぎると思います」(鹿児島県 40代女性)

「どこかの国みたいに、月に1度くらいはすべての小売業や娯楽施設の営業を禁じてくれないかなぁ。買い物にも出かけずに家族で過ごす日」(鳥取県 40代女性)

■深夜に働きたい人もいるはず

一方で深夜営業賛成派の人は、あえて深夜に働きたいという人がいるのではという意見でした。お店の明かりがあることで安心して夜道を歩けるというメリットもあるようです。

「深夜帯に働きたい人だっているし、深夜に働いていて食事をしたい人もいる。帰るのが遅くなったとき、人のいる明かりがある通りは安心します。深夜営業賛成派です」(千葉県 30代女性)

Q.飲料店や小売店の営業時間短縮、どう思う?
アンケート回答数:4424件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ

(サトウヨシコ)