1. トップ
  2. レシピ
  3. 【閉店】ワインが進む! 洗練された空間が魅力の焼き鳥バル

【閉店】ワインが進む! 洗練された空間が魅力の焼き鳥バル

  • 2017.9.19
  • 2422 views

広めのカウンターでゆったりと焼き鳥とワインを楽しむ

大阪・心斎橋にある「炭火焼鳥 徳川」は、心斎橋商店街から2本ほど離れた飲食店がひしめき合う場所に位置します。にぎやかな外観のお店が多い中、ひときわシンプルで高級感が漂うお店。

階段を下りると、そこには落ち着いたオトナな雰囲気の空間が広がります。広めのカウンターでゆったりと食事ができると評判です。また、座敷も用意されているので、さまざまなシーンで活用できます。

しっとりと上質な空間で絶品料理を楽しむひととき

焼き鳥とワインのマリアージュがコンセプトのお店。シェフが手掛ける料理は肝のムースや豚のスペアリブなど、フレンチやイタリアンのテイストを取り入れた料理も多く、ついワインが進みます。

スタッフに相談すると料理にピッタリなワインを選んでくれるのもポイント。ワイン初心者でも安心して利用できます。大きなカウンターとゆったりとしたスペースの店内は、しっとりと飲みたい方にピッタリです。

厳選素材を使った絶品焼き鳥はマストの一品

人気の焼き鳥は「せせり」「三角」「もも」「つくね」です。特に「つくね」は常連が必ず頼む自家製の一品。軟骨入りで食感にアクセントがあります。

炭火でじっくりていねいに焼き上げており、お店を訪れたらぜひ食べておきたいメニューばかりです。焼き鳥は一品ずつ提供してくれるので、できたてをゆっくりと味わうことができます。

新鮮な「鶏のお造り」とやわらか「鴨ロースの煮込み」

「鶏のお造り 4種盛り」は、ムネ・モモ・ささみ・レバーなど4種の部位がいただけます。新鮮な鶏の刺身はねっとり濃厚な味わい。うまみを引き立てるきざみわさびがポイントです。お酒のアテにしながらいただきましょう。

ワインがグイグイ進んでしまう「鴨ロースの煮込み」は、しっとりやわらかな食感。鴨の力強いうまみを活かして調理されています。

絶品鳥料理とワインを楽しむなら早めの予約必須

仕事の接待や商談などで使われることも多く、満席状態になることもしばしば。特に18:00から20:00の間は予約が必須です。確実に絶品料理を味わいたいなら早めに予約をしておきましょう。

また、メニューには掲載されていませんが、「シェフのパスタ」はおすすめの裏メニュー。もちろん、ワインとの相性を考えられたパスタばかりです。ぜひ注文してみてください。

Osaka Metro各線「心斎橋駅」と「長堀橋駅」から徒歩5分の場所に位置します。「焼き鳥 ワイン」のちょうちんが目印です。素材と焼きにこだわった焼き鳥と、ワインのマリアージュを体験しに足を運んでみませんか?

スポット情報

  • スポット名:【閉店】炭火焼鳥 徳川
  • 住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-14-23 住吉ビル B1F
  • 電話番号:06-4704-2070
元記事を読む