ストレスで女性ホルモンが低下!?パッと一振りで女性ホルモンUPご飯にできる食材3つ

慌ただしい年末年始のストレスでお肌がボロボロ……なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうやらストレスは、女性ホルモンのバランスを崩してしまうようですよ。

■ストレスと女性ホルモンの関係

女性らしい体型や、お肌の水分量と皮脂バランスを整える働きのある「エストロゲン(卵胞ホルモン)」。エストロゲンは真皮層のコラーゲンやエラスチンといった、お肌を支える成分の合成を促す働きもあり、ハリと潤いのあるお肌に欠かせないのですが、東京都健康長寿医療センターの研究によれば、ストレスによって交感神経が刺激されると、卵巣の血流が滞りエストロゲンの分泌が急激に低下してしまう、とのこと。

■パッと一振りでエストロゲンチャージできちゃう食材3つ

(1)ゴマ

ゴマに含まれる「ゴマリグナン」は大豆などに含まれる「イソフラボン」と似たような働きをするため、植物性の女性ホルモンの一種といわれています。またゴマに多く含まれる「セサミン」は「ビタミンE」と一緒に摂ると健康的に相乗効果があるといわれています。ビタミンEは、ホルモンバランスを調整する作用や血流を改善する効果があり、卵巣や子宮周辺の機能を高める効果や生理痛の緩和も期待できます。ゴマは、そののままでは外皮が堅く栄養素を吸収できませんから、擦りゴマを使いましょう。

(2)きな粉

大豆を炒って作ったきな粉は、大豆イソフラボンの宝庫。大豆を炒ることで生じる香り成分「ピラジン」には、血流をスムーズにする効果。また、きな粉は旨み成分「グルタミン酸」が多く含まれるため、きな粉を加えることで美味しくなる効果も。お味噌汁やカップスープに入れてみて!

(3)亜麻仁油(フラックスシードオイル)

亜麻仁には植物の中では最も多く「リグナン」が含まれています。「リグナン」にも、エストロゲン様作用があり、更年期諸症状の緩和、乳がんの予防、閉経後のカルシウム流出抑制などの効果があります。また亜麻仁にはガンの発生や増殖を抑制するなどの働きがある「α―リノレン酸」という成分も多く含まれています。α―リノレン酸は熱に弱いため、ヨーグルトに加えたりドレッシング代わりにするのがおすすめ。

ストレスでお肌の調子が悪くなるのは、エストロゲンの低下が関係していたのですね。忙しい時は、かけるだけでOKなフィトエストロゲン食材を使ってエストロゲンチャージして美肌を保ちたいですね。

(岩田麻奈未)

元記事を読む
提供元: ごきげん手帖の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理