1. トップ
  2. ファッション
  3. FWK バイ エンジニアド ガーメンツ 2015年春夏 - サファリルックを多彩なエスニック柄と共に

FWK バイ エンジニアド ガーメンツ 2015年春夏 - サファリルックを多彩なエスニック柄と共に

  • 2015.1.2
  • 714 views

FWK バイ エンジニアド ガーメンツ(エフダブリューケー・バイ・エンジニアド ガーメンツ)の、2015年春夏コレクションが発表された。今季のテーマは、「TRAVEL & SAFARI」。

カラーパレットは、カーキやオリーブ、そして定番のネイビーが中心。そこにマドラスチェック、トロピカルなフラワーモチーフ、アフリカのバティック(ろうけつ染め)といったエスニックな模様を取り入れている。またアイテムそのものも、民族的なデザインが採用され、例えばウエストで縛って履くビッグサイズのタイパンツなどが展開された。

素材はさらりと着こなせる、コットンやリネンがほとんど。多くのルックに登場するシャツは、ドレスシャツのようにすべて着丈が長めにとられ、ボトムにインして着こなしやすいデザインに。膝下スカートやワンピースに、シャツを縛ってコーディネートしたり、プリーツスカートに合わせたり、多彩なコーディネートを提案した。

テーマであるサファリのイメージは、シャーリングがアクセントになったオールインや、ポケットのついたベスト、ハットなどで演出。大きめサイズで着こなすサファリジャケット、MA-1といったメンズライクなアウターも、シャツワンピースやスカートに合わせることで、快活な女性の装いに仕上げている。