1. トップ
  2. グルメ
  3. 名物はキューブ型の○○! 手土産にぴったりな新定番スイーツ

名物はキューブ型の○○! 手土産にぴったりな新定番スイーツ

  • 2017.9.6
  • 3470 views

イートインも可! 中目黒のおしゃれなフランス菓子店

東京・中目黒の路地にあるフランス菓子のお店、「Pâtisserie Cacahouete Paris(パティスリー カカオエット・パリ)」。グリーンのドアとフランスの国旗が目印で、シックな外観が特徴です。

店内はケーキが一番輝くようにと白と黒を基調にしたシンプルな空間。イートインスペースもあるので、気になったケーキを買ってすぐに食べることもできます。甘いものを食べて休憩したくなったときに利用したいお店です。

ご夫婦で経営する店名に込められた意味とは?

「パティスリー カカオエット・パリ」は、オーナーシェフパティシエのジェローム・ケネルさんと製造責任者である奥様の椛澤貴子さんが、2006年12月に開店しました。

店名の「カカオエット」とは、フランス語で落花生のこと。椛島さんの出身地である千葉県の名産と、ジェロームさんの出身地パリを組み合わせた店名になっています。また、鞘に2粒入っている落花生をお2人に見立てて、ゆっくり根付くという意味も込められているそうです。

お店の一番人気は「シューキューブ ヴァニーユ」

「パティスリー カカオエット・パリ」で一番人気があるのが「シューキューブ ヴァニーユ」。洋菓子の定番シュークリームは普通丸い形をしていますが、四角い形になると、こんなにスタイリッシュ。

中にはたっぷりカスタードクリームが入っています。初めて見る人は、きっと驚くはず。個性的なシュークリームは手土産にもおすすめです。

ユニークな発想の「ヴェリンヌ ショートケーキ」

「ヴェリンヌ ショートケーキ」は、飲むショートケーキ! ストローを使ってショートケーキを飲みながら味わう、新感覚スイーツです。ショートケーキ好きにとっては、たまらなく魅力的な一品。

ひと口めは甘酸っぱいイチゴのピューレ、ふた口めからは生クリームとイチゴのマリアージュが楽しめます。イチゴとクリームの層が透明なカップから見えるかわいらしいルックスで、女性を中心に人気となっています。

選ぶのにワクワク! ショーケースで輝く美しいスイーツ

今回は「パティスリー カカオエット・パリ」の代表的な2品をご紹介しました。これ以外にも紅茶のブリュレが入ったチョコレートケーキ「クー ドゥ ショコラ」など、美味しいだけではなく見た目も美しいスイーツがショーケースの中で輝いています。

お店は、東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」から徒歩7分。午前中は比較的空いているそうなので、ゆっくりとスイーツを選ぶことができます。「パティスリー カカオエット パリ」の洗練されたフランス菓子を、ぜひ堪能してみませんか?

スポット情報

  • スポット名:パティスリー カカオエット・パリ
  • 住所:東京都目黒区東山1-9-6
  • 電話番号:03-5722-3920
元記事で読む