1. トップ
  2. メイク
  3. 『猿の惑星:創世記』ルパート・ワイアット監督、英国兵士の実話をベースにSF企画を立ち上げ

『猿の惑星:創世記』ルパート・ワイアット監督、英国兵士の実話をベースにSF企画を立ち上げ

  • 2015.1.2
  • 403 views

『猿の惑星:創世記』で一躍知名度を上げ、現在はマーク・ウォールバーグ主演の映画『The Gambler(原題)』がアメリカで公開中のルパート・ワイアット監督。その彼が、10話構成のSF TVシリーズ『Echo Chamber(原題)』の企画を立ち上げていることを/Filmが報じた。

【関連動画】Netflix発、ケヴィン・スペイシー主演の『House of Cards』が、本格的なネット・ドラマ時代の幕開けを告げる

この企画はもともと米HBOのミニシリーズ向けに、3年前に提唱されていたもの。英国諜報機関の使命を受け、アイルランドの武装組織IRAに潜入した兵士の実話をベースにしていた。主人公はIRAの中で地位を高めていきながら、危険と裏切りに遭遇するというストーリーで、90分枠のエピソード3話で構成される予定だった。

しかし今回、新たに伝えられた企画では、詳細は不明だがSF的なストーリーになる模様だ。しかも、10話すべてを自ら監督するつもりだという。ワイアットにとって本作は全体でひとつの長い映画であり、それを10話に分けて放送するイメージでとらえているという。

放送局はいったん白紙に戻った形で、ワイアットは上の特殊な構想にも対応できる、大手オンラインビデオ配信サービスの米Netflixを有力候補に挙げている。放送・配信時期は2015~2016年をイメージしているということだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:ルパート・ワイアット
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net