1. トップ
  2. ヘア
  3. 夏の髪悩みはパーマが何とかしてくれる!

夏の髪悩みはパーマが何とかしてくれる!

  • 2017.9.1
  • 4290 views

湿度が高まり汗をかく夏は、たくさんの髪悩みがでてくる季節。毎年のことだから仕方ないと諦めないで、そんな時はパーマに頼ってみるのがオススメです。自分の髪質に合った最新のパーマをかければ、楽ちんに、そして美しく夏を乗り切れるはず!
 

悩み1 湿気で髪が広がって爆発したような頭になります

⇒ハイブリッドストレートで自然なサラサラヘアに

POINT1 根本をつぶすことでアホ毛をなくせる
湿度が高まるとぴんぴんと立ち上がってくるアホ毛。根元がつぶれるようにパーマをかけたので、立ち上がることなくキレイにおさまっています。
 
POINT2 全体がストレートになりうねりや広がりが解消
全体の根元から毛先までパーマをかけたので、うねっていた髪がサラッとしたストレートに。シルエットが小さくなり毛先にまとまりができました。
 
 
 

スタイリングがこんなに簡単に!

1セミウェットの髪にジェルクリームをつけます。中間から毛先に、薄くのばすようにつけて。
 

2ドライヤーの風を前から当てながら9割乾かします。根元をしっかりと乾かしましょう。
 

3風を上から当ててドライ。髪を下に引っ張るように手ぐしを通しながら乾かすのがコツ。
 

4顔周りの髪を手ぐしで後ろにながしながら風を前から当て、自然な毛流れを作ります。
 

 
真夏の湿度でもキレイにまとまる理想のストレートヘアが完成
 

悩み2汗をかくと髪のトップがつぶれて巻きも取れちゃう!

⇒トップと毛先にボリュームがでる低温デジタルパーマ

POINT1根元を立ち上げたからトップがふんわりする
少し汗をかいただけでペタンとしてしまうトップには、根元を立ち上げるようにパーマをかけます。そうするとどんなに湿気があってもへこたれない!
 
POINT2 毛先を2.5 回巻いたのでふんわりカールが持続
ボリュームがでるよう、毛先は2.5回巻いたミックスカールのパーマに。パーマをいかして乾かせば、アイロンを使わなくてもふんわりカールが長続き。
 

スタイリングがこんなに簡単に!

1フォームを全体につけてもみこみます。毛先だけでなく、トップの根元にもつけて。
 

2根元が立ち上がるように手ぐしを通しながらドライ。頭を傾けると上手く立ち上がります。
 

3毛先を下から持ち上げ、カールしているところに風を当ててドライ。強すぎる風はNGです。
 

4トップの髪を上につまみあげて根元に風を当てます。前髪の根元も立ち上げるとさらに◎。
 

 
時間がたっても巻きが取れず華やかなシルエットをキープ
 

悩み3前髪と衿足、 短い髪の部分に クセがでます…

⇒デジタルパーマとストレートパーマの部分使いを

POINT1 前髪は内巻きパーマで生えグセを感じさせない
きちんとセットしても生えグセがあるとすぐに崩れてしまう前髪。しっかり巻きがでるデジタルパーマで内巻きにしておくと、湿気が多くても崩れません。
 
POINT2 ストレートパーマを衿足にかけすっきりさせる
うねりやすくて汗の影響を一番に受けるのが衿足の髪。ストレートパーマで伸ばしておくことで、流行りの外ハネスタイルが作りやすくなります。
 

スタイリングがこんなに簡単に!

1髪の根元が乾くように手ぐしを通しながら、ドライヤーの風を前から当ててドライ。
 

2少量のワックスをよく手のひらにのばしたら、ネープの髪にもみこむようにつけます。
 

3ネープの髪に上から手ぐしを通しながら、ドライヤーの風を上から当てて外ハネに。
 

4ふんわりと仕上げたい前髪に、パーマを際立たせてくれるフォームをもみこみます。
 

5前髪の根元が立ち上がるように下から手ぐしを通しながら、ドライヤーの風を下から当てます。
 

 
複合パーマでスタイリング自在な髪質を手に入れる
 

撮影/大瀬智和 取材/よしだなお