実はわたしってね…彼をより惹きつける5つのカミングアウト

交際が始まれば、相手のことをもっと知りたいと思いますよね? 特に “秘密” を共有したい。さらにちょっとした不幸なんかは大好物。でも、一気に知りすぎると冷めるのも早いので、徐々に教えていくのがいい。それも駆け引きのひとつです。では、どんな内容が好まれるのか。“男をいっそう惹きつける小出しにすべき秘密” をご紹介しましょう!

文・塚田牧夫

傷ついた「恋愛体験」

相手がどんな恋愛をしてきたのか、男女問わず気になるところ。今までずっと幸せなことばかり……ということはないはず。誰にだって傷ついた経験はあるでしょう。浮気をされたとか、束縛が酷かったとか、暴力を振るわれたとか。そんな話が男は大好き。親身になって聞いてくれるし、同情を寄せてくれます。

「健気だなぁ」と好感を持ってもくれる。「自分は絶対にそんなことはしない!」と誓ってくれるかもしれませんよ。

「家族関係」の悩み

家族の悩みは、誰にでも身近な問題なだけに共感もしやすい。両親、兄弟姉妹との確執など、今は収まっていたとしても、かつて経験をしたことがある人も多いはず。だからアドバイスもしやすいんですね。

それに、家族関係で悩んでいると言うと、ちょっと真面目な雰囲気もかもし出せます。近いところでなくても、親類関係をたどればどこかしら不和があると思うので、相談してみても良いのではないでしょうか。

「友だち」の少なさ

男は、「友だちが多い」と語る女性よりも、「友だちが少ない」と語る女性のほうを好みます。なぜなら、友だちが多い=浅い付き合いが多いという、変なイメージがある。なにより、他の男の影が頭をよぎるのです。それに引き換え、友だちが少ないと、狭いながらも深い付き合いをしていそうで、好感が持てます。

友だちが皆無というのでは、「あれ? 何かあるのかな?」と疑われますが、少ない分には問題なし。自分ともしっかり向き合ってくれて、良い付き合いができそうなイメージが湧いてくるんですね。友だちの人数なんて自分の認識次第ですから、とりあえずは「少ない」と言っておくのが良いのかもしれませんね。

「お酒」の失敗

お酒を飲む女子であれば、記憶をなくしたことも一回や二回ぐらいはあるでしょう。気づいたら知らない男の家だった……ということもあったかもしれません。男にとって、自分の彼女にそんな経験があったなんて、本当は聞きたくない。あって欲しくない。でも、正直に告白されたら責めることはできません。

複雑な思いを抱きながらも「話してくれてありがとう」と言うでしょう。後悔の念に苛まれる女性を、男は愛おしく思うものです。そして、ますます放っておけなくなるのです。

オタク的な「趣味」

誰もが持っている趣味。なかには、度を越した趣味というのをお持ちの方もいるかも。彼に教えるのに抵抗を感じるかもしれませんが、決してマイナスではありません。オタクと呼ばれるぐらいのレベルであったとしても、それはひとつのことに没頭し、追及できる性格であるということ。

広く浅くいろんな趣味に手を出すような人よりも、良いイメージを抱かれやすいのです。男性としては自分とも深く関わり、夢中になってくれるのではないかと、期待が持てます。

男をいっそう惹きつける “小出しにすべき秘密” をご紹介しました。自分ではマイナスだと思っていることでも、相手の感情を煽り、関心を向けさせるのに役立つ場合もあります。うま~く利用して、愛を深めてくださいませ!

(C) Anetlanda / Shutterstock
(C) SpeedKingz / Shutterstock
(C) Milan Stojanovic / Shutterstock
(C) Volodymyr Tverdokhlib / Shutterstock
(C) themorningglory / Shutterstock

※2017年8月29日作成

元記事を読む
提供元: anan webの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理