1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 【韓国で話題】化粧水とコットンでできる「7スキン法」とは

【韓国で話題】化粧水とコットンでできる「7スキン法」とは

  • 2017.8.29
  • 3510 views

美容感度が高い韓国で、昨年から話題になっているスキンケア方法の「7スキン法」。芸能人やアイドルにも実践している人が多く、乾燥にお悩みの方にオススメのスキンケア方法です。

特別な道具などは必要なく、簡単に行うことができる「7スキン法」のやり方を紹介します。

必要なものは?

「7スキン法」を行うのに必要なアイテムは、化粧水とコットンだけ。

何度も重ね付けする性質上、化粧水はとろみが少ない水のようなサラサラとしたテクスチャーのものがオススメです。
「7スキン法」のやりかた

(1)化粧水をコットンにとり、優しく顔を拭き取ってキメを整える。
(2)手のひらに500円玉の化粧水を取り、ハンドプレスをしながら肌に良く馴染ませる。
(3)(2)を肌がひんやりして、もちもちしてくるまで7回ほど繰り返す。
7スキン法ということは7回繰り返さなきゃダメ?

乾燥肌に一番大切なのは、肌の上にクリームや乳液でベールを被せることよりも、肌の中に水分をしっかり供給してあげること。

でも、一度に大量の化粧水を肌に塗ってもなかなかなじみませんよね。そこで、少しずつ丁寧になじませることでしっかり潤いを与えることを目的にしたのがこの「7スキン法」。

7という数字が名前に入っていますが、必ずしも7回繰り返さなきゃいけないということではありません。目安が7回ということで、これ以上化粧水が肌に浸透しないな、と思えば3回や5回でもOKです!

いかがでしたか。韓国は日本に比べて湿度が低く乾燥している分、保湿には力を入れている女性が多数。

「オフィスのエアコンが原因で肌がゴワゴワする」「化粧のノリが良くない」そんな時は、クリームを塗り重ねるのではなく肌に水分を与える「7スキン法」をぜひ試してみてくださいね。
※敏感肌の方は何度も塗り重ねることが逆に刺激となる場合があるので、刺激を感じる場合はやめましょう。

(韓国美容ライター・岡添 渚)

元記事を読む