1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『エイリアン:コヴェナント』、『ファンタビ』ヒロインが迫力のアクションに挑戦!

『エイリアン:コヴェナント』、『ファンタビ』ヒロインが迫力のアクションに挑戦!

  • 2017.8.29
  • 3721 views

広大な宇宙を舞台に"完璧な生命体"との遭遇を描き、映画史上に金字塔を打ち立てた『エイリアン』。ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャーといったヒットメーカーを輩出した伝説的なシリーズの創造主、リドリー・スコットが自らメガホンを執った最新作『エイリアン:コヴェナント』が9月15日(金)より公開となる。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でヒロインを演じ一躍世界にその名を知らしめたキャサリン・ウォーターストンがSFアクションに初挑戦! 過酷だった撮影秘話が明らかになった。

スコット監督が生み出した『エイリアン』シリーズのエレン・リプリー(シガーニー・ウィーヴァー)は、海外メディアComingSoon.netの調査での最もタフなヒロイン10人に選出(2016年)、Yell!magazineのアクションヒロイン・トップ20で第1位(2015年)、DEN OF GEEK!のSF映画のイケてる主人公TOP50で第1位(2012年)などにランクインされており、今尚"戦うヒロイン"の代名詞となっている。

シガーニー演じるリプリーの足跡を追って、キャサリンはスコットの"戦うヒロイン"というより大きなレガシーにおけるダニエルズの役作りに熱意を注いだ。本作のプロデューサーで、『オデッセイ』などでもスコット監督とタッグを組んだマーク・ハッファムは「彼女は製作側が何を任せてもやる気を見せた。ワイヤーに吊るされて宙に浮かんでいたり、鋼鉄のプラットフォームから振り落とされたり、闘いの繰り返しだった。まさしく戦うヒロインそのものだったよ」と絶賛する。

キャサリンは、体力づくりのための厳しいトレーニングや広範な戦闘トレーニング、武器の扱いに関する詳細な訓練を受けなければならなかった。「まるで運動場にいるようだったわ」と撮影を振り返る。さらに内面的な部分でも「自分の攻撃的な一面を追求することは、とても楽しかった」と自身の新たな一面を見出した様子。そして、「ダニエルズは自分を勇敢なタイプだとは思っていないの。でも次々危機が訪れて、その中でしっかりと考えて行動する。生まれつき戦闘能力に恵まれていたというのではなくて、彼女が自分の能力や勇敢さに気づくという点が共感しやすかったわ。生まれつき戦える人なんていないから」とダニエルズの強さについて言及する。

スコット監督絶賛且つ、スコット監督の描く戦うヒロインの系統から外れていない新ヒロインの活躍はもちろん、一人の女性を勇敢にしてしまう程の危機からも目が離せない!

SFアクション映画『エイリアン:コヴェナント』(20世紀フォックス映画)は、9月15日(金)全国公開!(海外ドラマNAVI)

Photo:『エイリアン:コヴェナント』
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved