焦がさずふんわり仕上げるコツって?「甘い卵焼き」のお弁当

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第119回目は、懐かしさいっぱいの「甘い卵焼き」をご紹介します。

我が家に時折登場する「甘い卵焼き」は、九州出身の義母が元気だったころよく作ってくれました。最初は砂糖の分量が多くて、本当に驚きました(笑)。

甘い卵焼きやしょうゆの濃いもの、出汁巻き卵…など、卵焼きはご家庭によって様々ですが、しっかり甘い卵焼きを作ってみたい時に是非お試しください。

砂糖を多く入れると焦げやすいのが困るところですが、水を入れるとやわらかく焦げにくくなります卵1個に対して水大さじ1が作りやすい分量です。お試しください♪

懐かしい味を楽しもう♪「甘い卵焼き」のお弁当

(材料)作りやすい分量 2~3人分



・卵 3個
・水 大さじ3
・きび砂糖 大さじ3 ※しっかり甘い味付けなので、お好みで加減してください。
・塩 小さじ1/4
・油 適量

(作り方)

1) ボウルに卵、水、砂糖、塩を入れて箸で切るように混ぜる。箸をボウルの底から離さないようにして動かすとよい。

※しっかり混ぜる(白身をなくしたかったらザルで濾す)か、白身を少し残すかは、お好みで。少し白身が残るくらいがやわらかく仕上がります。

2) 卵焼き器に油をすべて入れて、中火で熱してしっかり温めて小皿に油を移す。小さく切って畳んだ紙タオルで全体に油を広げてなじませる。卵液を全体に広がる程度に入れてくるくると丸める。

3) (2)で油をしみこませた紙タオルで卵焼き器に油を広げつつ、卵液を全体に入れてくるくると丸める作業を繰り返す。最後は卵焼き器に軽く押しつけるようにして、巻きすの上に置き、形を整える

※巻きすがない場合は、ラップできっちりと巻くと形が整います。

4) 好みの大きさにカットする。

*****

卵焼きほど、簡単ながら奥の深いおかずはないのではとよく思います。甘い味は好き嫌いがあると思いますので、どうぞお好みで!

自分弁当。

甘い卵焼き、さやいんげんの胡麻和え、茄子と豚のしょうが焼き、かぼちゃとにんじんの揚げ浸し、ゴボウの唐揚げ、明太そぼろごはん。

日々食べる卵焼きは、しょうゆ味や出汁巻き卵ですが、時々「甘い卵焼き」を思い出して作って食べては懐かしい気分に浸っています。

それぞれの家庭の、それぞれの卵焼きの味。いいものですね。今週も、家庭の味のお弁当作りを楽しんでください。

↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

元記事を読む
提供元: 朝時間.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。