1. トップ
  2. 恋愛
  3. 年始はコレでバッチリ! 男心にグッとくる「あけおめテク」

年始はコレでバッチリ! 男心にグッとくる「あけおめテク」

  • 2014.12.31
  • 350 views

クリスマスが終わったら次は年越しに年明け…と、この時期はやる事が多くて本当に忙しいですよね。でも忙しさにかまけて手を抜いた年始の挨拶をしたら、男性もスッと冷めてしまうもの。今からでも遅くないので、男心にグッとくる「あけおめテク」をマスターしましょう!

●年賀状の場合

メールやLINEが主流な時代だからこそ、年賀状は特別感がありますし、インパクトがあって他の女性と差をつけることができます。しかも相手が実家暮らしの男性なら、ご両親からのウケの良さも狙えるから一石二鳥!

まず、いきなり白紙の年賀状から始める必要はありません。最近は郵便局だけでなく、近場のコンビニでも可愛く印刷された年賀状が売られていますよね。ポイントは、印刷された年賀状に直筆のオリジナルメッセージを書き加えること。それだけでちゃんと印刷された「あなただけの年賀状」になります。

それと、初歩的なポイントですが、投函日と到着日の計算はちゃんとしておくこと。できれば三が日以内に届くように気をつけましょう。

●メールやLINEの場合

メールやLINEの良いところは、新年を迎えるタイミングにお手軽で挨拶ができること! でもお手軽だからこそ、ちょっとした工夫が必要です。

そこでオススメしたいのが、二人が一緒に写った画像や、二人にとって思い出のある風景画像などを添えるというテクニック。こうすることで「こんなこともあったなぁ」と、良い思い出と一緒にあなたのことを思い浮かべてくれます。

また、内容は「今年、二人の関係を進展させていこう」と思わせるものを書きましょう。交際中なら「今年は○○にチャレンジしてみようか」「今年も去年以上に、一緒に幸せになっていこう!」など。片思い中なら「今年は一緒に○○へ行けたら嬉しいです」など。

こう書くことで、去年の振り返りだけでなく、二人のこれからを予感させることができますよね。上手くいけば新年から次のデートの約束を交わせるかもしれませんよ!

●とっておきテク

年賀状やLINEからの挨拶も良いですが…いっそ「一緒に年越ししない?」と誘ってみるのも大アリです! 交際未満の関係なら、友達も誘って年越しパーティーにしてしまえば誘いやすいですよね。

何もいきなり二人きりでのお誘いをしなくても、こういう誘い方をすれば友達とも楽しく新年を迎えられるわけです。年賀状やLINEのように彼の手元には残りませんが、年始から顔を合わせて挨拶できるというのも特別感が高いので、彼も他の女性よりグッとくること間違いなしです!

挨拶がしっかりできる女性を嫌う人なんていません。それどころか男性からしたら、そういった部分で「結婚するに値する女性かどうか」を意識しているものです。だからこそこういったテクを使って、年始の挨拶はキチンとすることを心がけましょう。挨拶がビシッと決まれば、新年を清々しい気持ちで迎えられますよ!

(IKUHO)

オリジナルサイトで読む