1. トップ
  2. グルメ
  3. 彼の両親に挨拶!気を付けるべき3つのこと

彼の両親に挨拶!気を付けるべき3つのこと

  • 2017.8.21
  • 26781 views

あなたは、彼の両親に挨拶に行くとき、どのような事に気を付けますか?

彼の両親に好印象を持ってもらえるよう、ポイントを3つに絞ってみました。

1)手土産を用意する

彼の実家に挨拶に行く場合、必ず手土産を用意しておきましょう。

彼の両親の年齢・好みを前もって確認し、金額は3,000円~5,000円程度、お茶やコーヒーと一緒に食べられる物が無難ですね。

賞味期限もあまりに短すぎる生もの等はなるべく控え、急いで食べなくても大丈夫な物を選ぶと良いでしょう。

地元が異なる場合、あなたの地元の銘菓を用意すると喜ばれるかもしれませんね。

渡すときは「〇〇さんからお好きだと伺ったので…」など、一言添えると好感度UP!

2)服装・メイクは清楚に

派手な服装やメイクより、控えめな服装・メイクの方が断然好印象を持ってもらえることが出来ます。

いつもの服装を180度変える必要もありませんが、肌の露出は極力控え、なるべく上品に見えるものを着ると良いですね。

あなたにとってはとてもオシャレな服装だったとしても、親世代には好ましく思えない服装もあります。

メイクも、アイラインをブラックからブラウンにするだけで印象が柔らかくなりますね。

カラーコンタクトも控え、なるべくナチュラルなメイクで行くことをオススメします。そして常に笑顔を忘れてはいけませんね。緊張を隠す必要もありません。

素直に「緊張しています」と言ってしまうのも一つの手です。

3)食事の際はお手伝いをする意思を見せる

訪問時間は食事の時間を避けて行くのがマナーですが、彼の両親から「食事も一緒に…」と誘われる場合もあるでしょう。

その際には、「お手伝い出来ることはありませんか?」と一言、彼のお母さまに聞いてみましょう。大抵、「大丈夫だから座っててね」というような返答が返ってくるかと思います。

その時に、「わかりました。」とすぐに引き下がるのではなく、「出来ることがあればお手伝いします…!」と、もう一度だけ申し出てみましょう。

それでも「大丈夫」という返答が返ってくれば、一言お礼を言って素直に引き下がるのが良いでしょう。

中には、台所に自分以外の人が立つのを嫌う女性もいます。なので、無理に手伝おうとはせず、お母さまにお願いされた時だけお手伝いするのが良いですね。

彼の両親に挨拶に行く…、あなたの心は緊張と不安でいっぱいだと思います。

気を付けるべきことは以上の他にもたくさんありますが、最低限これだけは押さえておきましょう。

会話が上手に出来なかったとしても、身なりやマナー、帰宅後のお礼の電話など、常識的な行動を取っていれば好印象を与えることが出来ます。

ぜひ、今後の参考にしてくださいね!