1. トップ
  2. おでかけ
  3. 8月の詩人と生ハム

8月の詩人と生ハム

  • 2017.8.18
  • 684 views

こんにちは、吉田パンダです。いやー、こんな青空の日はシトロエンDSでドライブするのが気持ちいいなあ、、自分の車じゃないけど。最近、クラシックカー好きです。

今年のパリは、夏がありませんでした。長袖を着ないと肌寒いような天候も多く、いつ夏が来るのかなと思いつつ過ぎていった葉月であることよ。

橋の二階部分を地下鉄が走る、ビル・アケム橋。

そんな冷夏の爽やかな、とある一日。パリ7区は新しくできたカフェのテラスにて、知的なキャバリアくんに出会いました。その名もバイロン。19世紀イギリスに名を馳せた詩人の名前です。最初は名前が聞き取れず、「え? バイヨンヌ??(フランス南西部、生ハムの産地として有名)」とか聞き返してたのですが、だいぶ違いましたね。生ハムと、詩人、、。飼い主のキャロルさんも苦笑い。

「ま、あれだよね、お里が知れるっていうか、知的レベルっていうかね。所詮食欲が優先っていうかね」

ひどいよ、バイロン。生ハムってあだ名をつけてやる、、←逆恨み。

君が座る美しいさまは、雲ひとつない星空のようだねと、バイヨンヌからバイロンに話を戻そうとしていたら、ちょうどお友達が到着。バイヨンヌ豚かビゴール豚かバイロンか、その続きはまたいずれ。8月のパリから、詩人の名を持つキャバリアをお届けしました。次回のいぬパリもどうぞお楽しみに。