1. トップ
  2. レシピ
  3. 110年以上の歴史を誇る博多の銘菓。愛され続ける「にわかせんぺい」

110年以上の歴史を誇る博多の銘菓。愛され続ける「にわかせんぺい」

  • 2017.8.15
  • 849 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/117496/

福岡県民なら誰もが知っている博多の銘菓「二○加煎餅」。ユーモラスなお面が可愛らしく、素朴でありながらインパクトあるお土産で、みんなの心をつかんで離さない。

東雲堂の「二○加煎餅」といえば、博多どんたくでも使用される「博多仁和加(にわか)」をモチーフにした、ユーモア溢れるお面が人気。定番でありながら、コラボ商品で常に話題を集めている。福岡での「こら、ぜんじ!」というCMはあまりにも有名だ。

博多の郷土芸能として、庶民の間で親しまれている「博多仁和加」の面を形どったお菓子。九州産の上質な小麦粉を使って、サクッと仕上げられている。

2017年4月に発売した「I'm Doraemon 二○加煎餅」は、見た目もかわいらしい、見て、食べて、遊んで楽しい商品。ドラえもんのお面のおまけ付き!

オリジナル商品がいつも店頭に並び、話題を集める。「二○加煎餅」にもバリエーションがあるので、ぜひ店頭でチェックしよう!

博多のお土産話と一緒に、みんなでお面にして盛り上がろう。クスッと笑えるユーモラスなお土産で博多の粋を感じて。

I'm Doraemon 二○加煎餅 ©Fujiko-Pro APPROVAL NO.S581241

【九州ウォーカー編集部/取材・文=安藤エリカ、撮影=鍋田広一(パンフィールド)】