1. トップ
  2. スキンケア
  3. いつの間にうっすら日焼け?! ハマるなキケン!【塗っていても焼けちゃってる落とし穴】大人の夏スキンケア

いつの間にうっすら日焼け?! ハマるなキケン!【塗っていても焼けちゃってる落とし穴】大人の夏スキンケア

  • 2017.8.14
  • 50376 views

日焼け止め、きちんと塗れてますか? 朝のメイク時にきちんと塗っているつもりが、うっすら日焼けなんてことが起きてませんか? まずは自己診断してみて。

1.とりあえずSPF50なら大丈夫!と思っている
2.日焼け止めをうすーくのばして塗っている
3.汗で流れてしまっているのに日焼け止めを塗り直さない

こんなことが少しでも思い当たるあなたは、きちんとUVケアの知識をつけて、本当に焼けない女になるべし。モグラ先輩の言葉をうけて、夏の肌の落とし穴に落ちないように、しっかりケアして!

SPF50+・PA++++を、塗っていても焼けちゃってる穴

<うっかり落とし穴1>
とりあえず、SPF50にしておけば安心

<うっかり落とし穴2>
内側から外にスーッと塗り塗り

<うっかり落とし穴3>
汗だく……ハンカチでふきふき

<ドボン!!>
きゃー。うっすら焼ける!! しかもシミまでちらほら︎

ナビゲーター:モグラ先輩
間違ったスキンケアで落とし穴にハマっている女子たちに関西弁でツッコミを入れまくる、意地悪で親切なおっさん、もといお兄さん

【日焼け止めは量、塗り方、塗り直ししてこそ効果が出るもの】
「いくらしっかり日焼け止めを塗っても、肌の汗や皮脂などの分泌は、日焼け止めの膜を浮かせますし、顔をさわるくせで取れてしまう可能性も。特に日焼け止めは量を守ってこそ表示の防御力を発揮するもの。ベースメイクのようにうすーくのばしてしまっては意味をなしません。なじませ方が悪いのもムラ焼けの原因になるので要注意です」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)

<うっかり落とし穴1-①>「とりあえずSPF50」の過信が秋のシミ肌を生む
「数値が高いほうがよさそうとなにげなく選んでいませんか? そもそもSPF、PAの数値は何に対する防御力か知っていますか? 数値はあくまでも目安で塗る量や塗り方によっては充分に効果を得られていないことも。生活スタイルに合った日焼け止めを選びましょう」(水井さん)

◇内勤なら
日中、外に出る機会が少ないならこの数値でまったく問題なし。心地よい使用感で日中を快適に。アトモスフィア エアリーライト UVエマルジョン SPF30・PA+++ 30g ¥7500(編集部調べ)/SK-Ⅱ

<うっかり落とし穴1-②>「とりあえずSPF50」の過信が秋のシミ肌を生む

◇外回り派なら
汗で流れることを想定し、高防御指数を。自然な肌色のBBなら塗り直しもしやすい。大気汚染対策も今の時代はマストだ。UVエクスペール BB SPF50・PA++++ 30ml ¥5800/ランコム

<うっかり落とし穴2>日焼け止めをうすーくのばしている
「数値よりも大事なのは肌の上にちゃんととどまらせているか否かです。ちゃちゃっと滑らせて塗るのではなくトントンと置きづけして」(美容家 小林ひろ美さん)
「朝は忙しいせいか、日焼け止めのなじませ方が不充分な人も。毎夏、ムラ焼けしてしまうという人は塗り方を見直してみては」(水井さん)

<うっかり落とし穴3-①>汗で流れてしまっているのに日焼け止めのノー塗り直し
「外では汗をかき、中では冷房で汗が引く、を繰り返すので日焼け止めの化粧膜がヨレてしまいがち。外出先で塗り直しが無理とあきらめず、肌色つきの日焼け止めやBBクリームやCCクリームで対応を。塗り直しの前に汗や余分な皮脂をぬれたコットンで一度押さえておくとさらにグッド。UV効果のあるプレストパウダーも便利です」(水井さん)

◇パウダータイプなら簡単
メイク直しと同時にUVカットを強化できるから頼もしい。サンスクリーン®パウダー SPF50・PA++++ ¥2583/オルビス

<うっかり落とし穴3-②>汗で流れてしまっているのに日焼け止めのノー塗り直し

◇汗に強いものを選ぶ
汗に反応し、化粧膜が強化される画期的処方。パーフェクト UVプロテクション H SPF50+・PA++++ 50ml ¥4500/資生堂

<うっかり落とし穴3-③>汗で流れてしまっているのに日焼け止めのノー塗り直し

◇小容量を持ち歩く
ポーチインしやすく◎。ケイト ウォーターインオイルBB SPF20・PA++ 全3色 30g ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品

SPFとPAの意味をちゃんと理解する!

■SPFとは?
肌表面を焦がしてシミを誘発するサンタンを起こす紫外線B波を防御する指数。SPF1は何も塗らない状態に比べて日焼けするまでの時間を20分遅らせる防御指数の目安。※ただし、塗り方や焼けやすさの差など諸条件により日焼けするまでの時間には個人差があります。
つまり、※SPF30の場合、30×20(分)=600分=10時間
理論上は10時間焼けないということに。しかーし、これはきちんと規定量を塗り、汗などで流れていないことが条件。
<これも知っとこ!>
SPF50の日焼け止めにSPF20のファンデーションを重ねてもSPF70にはなりません。が、防御膜は二重で強められているので無意味ではありません。

■PA値とは?
肌深部まで侵入し、シワやたるみの原因となるサンバーンを起こす紫外線A波を防ぐ指数のこと。+の数1~4で防御指数を表す。

教えてくれたのは…

●美容家 小林ひろ美さん
美・ファイン研究所主宰。過去に自らも落とし穴にハマり、シミを経験。そこから独自の美容理論で無事脱出。そのエイジレスな白肌は羨望の的。

●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
化粧品頼みだけではなく、栄養や運動、ライフスタイル全般を通してキレイになる方法を提案。数多くの肌を見てきた実績あるアドバイスに定評。
生活スタイルに合った日焼け止めを選び、きちんと肌にとどまる塗り方を守り、日中の汗流れも意識してきちんとリタッチを!「塗っていても焼けちゃってる穴」は秋になるとうっすらシミを生むこわ〜い悪習慣。いまからきっちり夏のUVケア対策をして、焼かない女に!美容のプロが指導する「夏のスキンケアの落とし穴」特集はBAILA9月号に詳しく掲載中! 併せてチェックを。

撮影/横山翔平<t.cube>(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/藤本 希<cheek one> モデル/松原麻衣(スーパーバイラーズ) イラスト/hamchim 取材・原文/平 輝乃