映画『ベスト・キッド』、ラルフ・マッチオ主演でドラマシリーズとして甦ることに!

1984年に公開され、全米で空手ブームを巻き起こした感動作『ベスト・キッド』。シリーズ3作にわたり主役ダニエルを演じたラルフ・マッチオ主演で、YouTube Redにてドラマシリーズとして甦ることが明らかとなった。米Varietyが報じている。

現時点で、『Cobra Kai(原題)』と題されたシリーズは1話30分の10話構成となり、いじめられっ子だったダニエルと彼のライバルだったジョニーが、1984年に戦った空手トーナメントの30年後が舞台となる。ダニエルに敗れたジョニーは、かつて自分が通っていた道場"コブラ会"を再開し、現在は成功者となったダニエルを倒すことを誓う。順調な人生を送っているかに見えるダニエルだったが、師匠であったミヤギ氏が他界し、彼の助言なしに歩まなければならない人生にバランスを失いかけていた...という設定。

ダニエル役でラルフが続投するほか、ジョニーを演じたウィリアム・ザブカもカムバックすることが決定。復活版で脚本・製作総指揮を務めるのは、ジョシュ・ヒールド(『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式』)、ジョン・ハーウィッツとヘイデン・シュロスバーグ(『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』)。

YouTubeのオリジナルコンテンツ部門の責任者スザンヌ・ダニエルズは、「このプロジェクトを耳にした時に、"YouTube Redが獲得しなければ"と確信しました。『ベスト・キッド』は、瞬く間に1980年代を代表する映画となり、YouTubeだけでなく世界中において、今でもファンが共鳴できる作品です」と、復活版ドラマシリーズにかける意気込みを語っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ラルフ・マッチオ
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

提供元: 海外ドラマナビの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
映画で自分磨き♪ファッショナブルな映画には学びがいっぱい!
見ているだけで楽しくなっちゃう、そんなファッショナブルな映画、色々ありますよね♪ そんな映画の中の女性たち、とっても素敵な衣装を身に着けていると思いませんか? 最近、あんまりオシャレしていないな…という女性たちに♪ 今回は、見るだけで自分磨きできちゃうかも!?ファッションが気になっちゃうオシャレな映画をご紹介させて頂きたいと思います♪
myreco
『未来のミライ』麻生久美子インタビュー「細田さんに変化が起きれば、これからも映画に反映されていくんだろうな」
細田守監督作への出演は『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)に続き3度目。もはや細田組のひ...
ウォーカープラス
映画『ファースト・マン』デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリング、アポロ11の月面着陸計画描く
デイミアン・チャゼル監督最新作、映画『ファースト・マン』が、2019年2月に全国の劇場で公開される。 www.fashion-press.net 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル最新作 2015年日本公開の映画『セッション』で、わずか3億円という低予算にも関わらず、第87回アカデミー賞において作品賞含む5部門を受賞したデイミアン・チャゼル。これを機に一気に映画界のスターダムを駆け上がったチャゼルは、続く『ラ・ラ・ランド』でも、第89回アカデミー賞で計6部門受賞という快挙を達成。 ニール・アームストロングの視点から、アポロ11号の月面着陸計画を描く そんなチャゼルが次に世に送り出すのは、人類史上初となる月面着陸計画に人生を捧げた、アポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を壮大なスケールで描く『ファースト・マン』。脚本を担当するのは、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞を獲得したジョシュ・シンガーだ。偉業達成に向けて果敢に立ち向かう乗船員たちや、NASAのプロジェクトチームとの生死をかけた訓練。1961年から1969年にかけて行われたNASAの実際のミッションをベースにした物語を、船員の人命を犠牲にしてまで行う計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意をもって臨むアームストロングの視点から描く。 アームストロング役にライアン・ゴズリング ニール・アームストロング役を務めるのは、ライアン・ゴズリング。『ラ・ラ・ランド』ではゴールデングローブ賞の映画部門主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞したゴズリングが、本作で再びチャゼル監督とタッグを組む。また、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作となる『蜘蛛の巣を払う女』で主演に大抜擢されたクレア・フォイが、アームストロングの妻であるジャネット役を演じる。 鬼監督の狂気のドラムレッスンを描いた『セッション』、LAを舞台に夢見る2人を主役に据えた『ラ・ラ・ランド』と、全く毛色の異なる物語で映画界に新風を巻き起こしてきたチャゼルが、今度は人類にとって偉大な飛躍となった壮大なミッションの映像化に挑む。 作品情報 映画『ファースト・マン』公開時期:2019年2月原題:『FIRST MAN』監督:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、ほか脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)※作品公開年は全て日本公開年原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン©Universal Pictures and DreamWorks Pictures©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
ファッションプレス
かつて少女だった私たちへ。特別なひと夏を描いた映画が明日公開
7月21日(土)公開の映画『悲しみに、こんにちは』は、繊細さと無邪気さを併せ持つ少女の心の動きを見事に描き出した作品です。少女が初めて生と死に触れ、心揺さぶられる記憶が紡がれる本作をご紹介します。
Sheage
池上彰、映画『ウインド・リバー』にうなる!「アメリカの闇が見えてくる」
『ボーダーライン』(15)の脚本を務めたテイラー・シェリダン初監督作品『ウインド・リバー』(7月27日公開)の公開記念ト...
Movie Walker
もっと映画が観たくなる! 今月のオススメCINEMA厳選
もっと映画が観たくなる! 今月のオススメCINEMA厳選天才監督、ジャン=リュック・ゴダールと恋をして、女優となったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化した作品をはじめ、ロシアの名門ボリショイ劇場の主役を目指す2人の少女の夢と闘いを描いた青春バレエドラマ、監督の幼少期の記憶や体験をもとに少女の心の機微を描いた作品と、今月も見逃せない映画が目白押し!
@BAILA
映画『泣くな赤鬼』重松清の短編を実写化 - 堤真一&柳楽優弥出演、教師と余命半年の元生徒の絆を描く
重松清の小説『泣くな赤鬼』を映画化。2019年に公開される。 © 2019「泣くな赤鬼」製作委員会 重松清の短編を実写化 映画『泣くな赤鬼』は、ベストセラー作家の重松清による短編集『せんせい。』に収録されている物語「泣くな赤鬼」を実写化した作品。 物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていたが今では野球への情熱が衰えてしまった、城南工業野球部監督・小渕隆。小渕はある日、かつての教え子・斎藤智之(愛称ゴルゴ)と偶然、病院で再会する。野球の素質はあるものの、途中で挫折してしまったゴルゴだったが、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していた。しかし、そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。 あの時、かけてやれなかった言葉、厳しくすることでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔―。赤鬼は、ゴルゴのために最後に何ができるのか――。今だからわかり分かり合える教師と生徒の、感動の物語を描く。 堤真一、柳楽優弥、川栄李奈が出演 主人公・赤鬼先生を演じるのは堤真一。『DESTINY 鎌倉ものがたり』や『海街diary』、『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演。重松清原作の作品はドラマ『とんび』に続いて2作目の出演となる。 また、赤鬼先生の元教え子・ゴルゴは、『銀魂』シリーズをはじめ、『響 -HIBIKI-』、『夜明け』などの話題作で存在感を放つ柳楽優弥が、ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃は、『センセイ君主』、『人魚の眠る家』、『嘘を愛する女』にも出演した川栄李奈が演じる。 また、監督は、『キセキ-あの日のソビト-』でヒットを飛ばした兼重淳が務める。 ストーリー 城南工業野球部監督・小渕隆(堤真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導でかつては「赤鬼」と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、その夢は一度として叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人に変貌していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。赤鬼はゴルゴのために、かつて彼が挑むはずだった甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画する。10年という歳月を経て、それぞれの秘めた思いを胸に、ゴルゴにとって最後の試合が行われるのであった―。 詳細 映画『泣くな赤鬼』公開時期:2019年出演:堤真一、柳楽優弥、川栄李奈原作:重松 清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)監督:兼重淳
ファッションプレス
映画『ラブ&タグ』、スカーレット・ヨハンソンの降板により製作中止か?
スカーレット・ヨハンソンの降板を受け、映画『ラブ&タグ』の企画が中止になる可能性があると報じられている。
VOGUE
映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』作家サリンジャーの半生と名作誕生秘話を描く
映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』が、2019年1月より、TOHOシネマズ シャンテほか全国の劇場で公開される。 © 2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. サリンジャーの謎めいた半生が明らかに 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』は、2019年1月に生誕100周年を迎える小説家J.D.サリンジャーの謎に満ちた半生と、代表作「ライ麦畑でつかまえて」の誕生秘話を描いたもの。1951年にアメリカで初版が発売された「ライ麦畑でつかまえて」は、"青春のバイブル"として国や時代を超えて多くの人々に影響を与え、世界累計発行部数6,500万部を突破した20世紀を代表する名作だ。日本では、村上春樹による新訳も話題を呼び、今でも多くのファンに愛されている。 映画では、20世紀半ばの煌びやかなニューヨークを舞台に、若き頃のサリンジャーが自身の作風を見つけようと試行錯誤する姿や、マンハッタン社交界のセレブとの恋、恩師との運命的な出会い、第二次世界大戦でのトラウマに苦しむ姿、そして名声と富を手に入れながら絶頂期に文壇から姿を消した理由...など、これまで謎に包まれていた天才作家の全てが明かされる。 サリンジャー役にニコラス・ホルト サリンジャー役は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、映画『X-MEN』シリーズなどへ出演するほか、トム フォード(TOM FORD)のキャンペーンモデルも務めるなど、マルチな才能を発揮するニコラス・ホルト。サリンジャーの才能を開花させたコロンビア大学の教授で、文芸誌ストーリーの編集者ウィット・バーネット役は『ベイビー・ドライバー』などに出演したケヴィン・スペイシーが演じる。 メガホンを取るのは、ハンガー・ゲームシリーズ完結編2部作『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』の脚本家で、俳優でもあるダニー・ストロング。原作の映画化権を自ら取得し、長編初監督に挑む。 ストーリー 1939年ニューヨーク。大学中退を繰り返していた20歳のサリンジャーは、作家を志しコロンビア大学の創作学科に編入する。愛読書「グレート・ギャッツビー」さながらマンハッタンの社交界に顔を出し、セレブのウーナ・オニールと電撃的な恋に落ちる一方で、大学教授ウィット・バーネットのアドバイスのもと書き始めた短編を出版社へ売り込むが、ことごとく断られつづける。ようやく、自分の分身ともいえるホールデン・コールフィールドを主人公にした短編「マディソン・アヴェニューのはずれでの小さな反抗」がニューヨーカー誌に掲載決定という吉報が舞い込むがその矢先、太平洋戦争の勃発により、掲載はキャンセルとなってしまう。招集を受け失意のまま戦地に赴いたサリンジャーに追い打ちをかけるように、アメリカに残して来た恋人ウーナがチャーリー・チャップリンと結婚するというニュースが届き、やがてノルマンディ上陸作戦に参加し、最前線の地獄を経験するサリンジャー。終戦後も戦争のトラウマから長らく執筆にとりかかることができなかったが、もがき苦しみながら完成させた初長編「ライ麦畑でつかまえて」は文壇の常識を破って発売直後から大反響を呼んでベストセラーとなり、サリンジャーは一夜にして時の人となる。突然スターダムに押し上げられ名声も富も手に入れたサリンジャーだったが、次第に世間の狂騒に背を向けるようになる…。 【詳細】 映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』公開時期:2019年1月 TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー出演:ニコラス・ホルト、ケヴィン・スペイシー、ゾーイ・ドゥイッチ、ホープ・デイヴィス、サラ・ポールソン監督/脚本:ダニー・ストロング製作:ブルース・コーエン、モリー・スミス原作:「サリンジャー 生涯 91 年の真実」原題:REBEL IN THE RYE
ファッションプレス
トム・クルーズが猛暑の日比谷に降臨「みなさんのために作った映画です!」
トム・クルーズが伝説のスパイ、イーサン・ハントを演じる人気スパイアクションシリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/...
Movie Walker
映画の場面を再現した水槽は必見!『未来のミライ』×すみだ水族館コラボ展に行ってきた
東京スカイツリータウン内にあるすみだ水族館では、映画『未来のミライ』とコラボした企画展「未来のミライ×すみだ水族館 小さ...
ウォーカープラス
映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉主演×「ALWAYS」山崎貴監督、戦艦大和計画阻止に挑む天才数学者
映画『アルキメデスの大戦』が、2019年夏に公開される。主演は菅田将暉。 ©2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 ©三田紀房/講談社 「戦艦大和」建造計画阻止に挑む天才数学者 『アルキメデスの大戦』の原作は、『ドラゴン桜』で大ヒットを飛ばした三田紀房による同名漫画。1930年代の日本を物語の舞台に、1人の若き天才数学者が<戦艦大和建造計画>阻止のため、前代未聞の頭脳戦に挑んでいく。 アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材=アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れる。櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる“大和”建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとするのだが…。 「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、“数学”を駆使した頭脳戦…かつてない斬新な切り口で描く歴史エンタテイメントだ。 主演は菅田将暉 主演を務めるのは、菅田将暉。『帝一の國』『火花』『銀魂』シリーズに出演し、『あゝ、荒野』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。『アルキメデスの大戦』では、日本の命運を握る天才数学者・櫂直を演じる。 監督は『永遠の0』の山崎貴 監督を務めるのは、山崎貴。『ALWAYS三丁目の夕日』をはじめ、VFXで「零戦」を描いた『永遠の0』、八木竜一と共同監督を務めた『STAND BY ME ドラえもん』、『海賊とよばれた男』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』など、次々に話題作を製作してきた山崎貴が「戦艦大和」をどのようにスクリーンに映し出すのか、注目が集まる。 ストーリー 日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年…。日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六。山本はこれからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、戦艦「大和」の建造を支持。危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく・・・。 詳細 映画『アルキメデスの大戦』公開時期:2019年夏出演:菅田将暉監督・脚本・VFX:山崎貴原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社ヤングマガジン連載中)
ファッションプレス
映画『マチネの終わりに』福山雅治×石田ゆり子、平野啓一郎の小説が初映像化 - 切なくも美しい恋愛物語
平野啓一郎の小説を原作とする映画『マチネの終わりに』が、2019年秋に公開される。 www.fashion-press.net 芥川賞作家・平野啓一郎の小説が初の映像化 原作は、芥川賞作家・平野啓一郎が2016年に刊行した同名の小説「マチネの終わりに」。日本・パリ・ニューヨークの3都市を舞台に、クラシック・ギタリストの主人公と海外通信社所属の女性ジャーナリストが、6年間でたった3度の出会いの中で惹かれ合い、人生で誰よりも愛した存在になるという、大人の恋愛小説だ。 渡辺淳一文学賞を受賞した本作は、純文学としては異例の17万部を突破。幾多の小説を発表してきた平野啓一郎だが、意外にも作品が映像化されるのは今回が初めてとなる。 キャスト 福山雅治 - 天才ギタリスト・蒔野聡史役 主人公の天才クラシック・ギタリスト蒔野聡史を務めるのは、福山雅治。アーティスト、俳優の両方で活躍する福山が、現状の演奏に満足が出来ず、自分の音楽を見失い苦悩するという天才ギタリスト役を演じる。・福山雅治コメント「それでも、人は人を愛さずには生きていけない」。長く余韻が残る読後感でした。恋愛する、恋愛しないに関わらず、どんな生き方も許容する現代において、「愛」とはどのような意味を持つのか?人が人を必要とするその時に名付けられる「愛」という感情。目には見えない無形の感情を、今作は可視化出来るのではないかと感じています。信頼する西谷監督の元で、深く原作に引き寄せられ、まさに洋子そのものが身体に宿っておられるであろう石田さんと、蒔野聡史として向き合えるよう頑張ります。 石田ゆり子 - 通信社ジャーナリスト・小峰洋子役 そして、フランスの通信社に所属のジャーナリスト・小峰洋子には、石田ゆり子。婚約者がいるにもかかわらず、蒔野との出会いによって、叶わぬ恋に翻弄されるエリート女性ジャーナリスト役を演じる。・石田ゆり子コメント「こんなふうに人を愛せたら…そんな気持ちで一気に読み終えた「マチネの終わりに」の映画化に参加できることに心震える想いです。初めてご一緒する西谷監督のもと、そして初共演の福山雅治さんと共に、この素晴らしい物語の中に生きることはこの上ない喜びです。私の演じる小峰洋子という女性は、人としても女性としてもこのようでありたいと憧れるような存在で、この役を演じることに背筋が伸びる想いです。かつてこんなラブストーリーがあっただろうかと思うほどこの物語は多面体で、知的で社会的でもあります。人を愛するということの素晴らしさと切なさがほとばしっている物語。緊張もしますがクランクインが楽しみでなりません。」 『ガリレオ』シリーズの西谷弘が監督 監督を務めるのは、福山雅治主演の『ガリレオ』シリーズや『昼顔』などを手がけた西谷弘。確かな演出力で知られる西谷は、俳優としては初共演となる福山と石田の掛け合いをどう料理するのか。「初共演の二人がどんなハーモニーを奏でるのか。まるで指揮者のような想いで今から心躍らせています」と意気込みを語っている。 あらすじ 物語は、クラシック・ギタリストの蒔野聡史と、海外の通信社に勤務する小峰洋子の出会いから始まる。ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた二人・・・。初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた。しかし、洋子には婚約者がいた。世界を飛び回る仕事柄、そして時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いを心の底にしまったまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのかー。 作品情報 映画『マチネの終わりに』公開時期:2019年秋監督:西谷弘原作:平野啓一郎「マチネの終わりに」出演者:福山雅治、石田ゆり子©2019「マチネの終わりに」製作委員会
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理