1. トップ
  2. ヘア
  3. コテ要らず!?眠る前にコレをするだけで朝にはゆるふわウェーブが完成♡

コテ要らず!?眠る前にコレをするだけで朝にはゆるふわウェーブが完成♡

  • 2017.8.12
  • 20709 views

「コテが手元にない」「髪を痛めたくない」など、髪を巻きたくても巻くことができない様々な悩みを抱える場面って多いですよね。そこで、あるアイテムさえあれば簡単にゆるふわウェーブができる「コテ不要!ヘアアレンジテクニック」をご紹介していきます!

 定番アイテム!「マジックカーラー」

eisho_ofhair @eisho_ofhair

まず初めにご紹介するのは、定番アイテムである「マジックカーラー」を使用した方法です。
ドラッグストアやスーパーの日用品売り場、コンビニ、100円均一など様々な場所で買うことができる便利アイテムです♪
これなら外出先でも手軽に入手することができそうですよね!

【方法】
1:マジックカーラーを付ける前に少しだけ髪を濡らす又は、専用スプレーやローションを付けて下準備します。
2:適量の毛束をとります。
3:毛先にマジックカーラーをあてます。
4:そのまま毛先から根本に向かってしっかりと巻きつけていきます。
5:マジックカーラーを左右に揺らし、巻き付けが緩くないかをチェックします。
6:急いでいる場合は、巻きつけた後にドライヤーの温風を1つずつあてます。急いでいない場合は、カール具合を確認しながら放置します。
7:冷風をあてて癖付きを良くします。
8:マジックカーラーを横に引っ張りながら螺旋状に髪の毛をほどいたら完成です。

 100均で買える!「スポンジカーラー」

スポンジカーラーは100均一で購入できる便利アイテムとして有名ですよね♪
3本入り100円で購入できるので、巻きたい本数に合わせてチョイスしてみてください。

【方法】
1:マジックカーラー同様に下準備を行います。
2:巻きたい毛束をとり、毛先をしっかりと持ちます。
3:棒状部分に毛先を当てて根本まで巻きつけます。
4:棒状の先端部分を逆端にある穴の中に差し込み固定します。この時、キツクした分カールが強くなるので、好みに合わせて調節します。
5;夜に行う場合はその状態で寝てもOK!朝行う場合はマジックカーラー同様にドライヤーの温風と冷風を使い分けて癖付けします。
6:最後にスポンジカーラーを抜き取ったら完成です。

 朝起きたらウェーブ巻きの完成!「三つ編みカール」

ここまでご紹介してきた方法は、クルクルと巻いたゆるふわヘアーに仕上がっていましたが、三つ編みを利用すればフェミニンな印象を持つ可愛らしいウェーブヘアーに仕上げることができます♪
三つ編みの太さや間隔の広さによって異なるウェーブを作り出せますので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

【方法】
1:マジックカーラー同様に下準備を行います。
2:適度な毛束を手に取り、三つ編みをします。
3:そのまま眠ります。
4:朝起きたときに三つ編みをほどき、ウェーブ具合を確認したら完成です。

 巻きつけるだけ!「ヘアバンドカール」

「三つ編みが苦手…」「マジックカーラーよりも簡単な方法が知りたい!」という方にオススメしたいのが、ヘアバンドを使用した方法です♪
普段なら髪を外に出しながらヘアバンドをつけますが、カールをつくりだす際は髪の毛の上からヘアバンドを装着するのがポイント!

【方法】
1:下準備を行った後、ヘアバンドを装着します。
2:カールを作り出したい適度な毛束をとります。
3:毛先から毛束をねじり、ヘアバンドの内側へ入れ込みます。
4:すべて入れ込み終わったら、そのまま眠ります。
5:朝起きた時に、ヘアバンドをほどきカール具合を確認したら完成です。

 靴下があればできる!「ソックカール」

「ヘアバンドを持ってない!」「マジックカーラーもない!」「三つ編みウェーブよりもカールが良い」という方には、靴下を使った方法がオススメ♡
ただ、靴下にハサミをいれるので今後使用しない靴下を選ぶようにしましょう。

【方法】
1:靴下のつま先部分をハサミでカットします。
2:下準備を終えた髪を一つ結びにします。
3:先ほど切った靴下に一つ結びをした髪を通します。
4:靴下を毛先までずらし、毛先から根本に向かって巻きつけます。
5:巻きつけた状態で眠り、翌朝にほどいたら完成です。

 身近なティッシュでも!「ティッシュカール」

最後にご紹介するのは「ティッシュ」を使った方法です♪
ティッシュなら多くの家庭に備わっているので、気軽に挑戦することができるのではないでしょうか?

【方法】
1:ティッシュを棒状になるように丸めます。
2:髪は下準備をしておきます。
3:適量な毛束の毛先に(1)で作ったティッシュをあてます。
4:毛先から根本に向かって髪を巻きつけていきます。
5:最後にティッシュの両端を結びます。
6:そのまま眠りについき、翌朝ほどいたら完成です。

いかがでしたでしょうか。
毛束の量や巻きつける強さなど、方法次第で「しっかりとしたカール」から「ゆるふわカール」まで幅広いヘアアレンジを楽しむことができます♪

ただ、スタイリング剤を付けたまま夜を明かすと頭皮が荒れてしまう恐れもあります。一晩過ごす場合は、スタイリング剤を使用しないで行うのもオススメですよ!
ぜひ、手軽なアイテムでゆるふわヘアアレンジを楽しんでみませんか?