1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【当日編】花火大会で彼にキュンとしてもらう方法

【当日編】花火大会で彼にキュンとしてもらう方法

  • 2017.8.10
  • 16377 views

夏の風物詩といえば花火。好きな人と一緒に夜空に舞い上がる花火を観られたら、これほど嬉しいことはありませんよね。
でもせっかくならば、「花火も良かったけれど、ふたりで来れたことが一番の思い出になった」と彼に思ってもらいたいですよね。
そこで今回は「花火大会で彼にキュンとしてもらう方法」についてまとめてみました。さっそく見ていきましょう!

 

1、 浴衣はいつものイメージと違うものをチョイス

浴衣を着るだけでガラッとイメージが変わるもの。ですがここはあえて、自分のイメージとは真逆なものを選んでみると良さそう。たとえばいつもはガーリー系のファッションが多い人は、ネイビーやブルーのクールな浴衣を選んでみましょう。
逆に普段デニムや寒色系のファッションをしている人は、思い切ってピンクの浴衣や帯を選んでみると良いかも。そのギャップの大きさに、彼もドキドキしてくれること間違いなしですよ。
また彼から事前に「この色の浴衣を着てきて欲しい」とリクエストがあるのなら、そのイメージに合った浴衣をチョイスするようにしましょう。
 

2、便利グッズを常備

人混みが大前提の花火大会では、予想外のハプニングも起こりがち。そのため前もっていろんな準備をしておく必要があります。下駄で足が痛くなったときのために、大目にばんそうこうを持って行ったり、浴衣が着崩れたときの応急処置として安全ピンを用意しておくと良いでしょう。
また花火大会付近のコンビニや自動販売機では、ドリンクが売り切れている可能性もあります。脱水を防ぐためにも、飲み物は必ず持参するようにしましょう。

そのほかにも屋台などでスムーズにお金が支払えるように、あらかじめ細かいお金は準備しておきましょうね。
 

3、目一杯花火を楽しむ

後はもう全力で花火を楽しめばOK。「キレイだね~!」「いまの花火迫力あったね!」とキラキラした瞳ではしゃぐあなたの横顔を見たら、彼も心から一緒に来れて良かったと思うはず。
「彼女とだったら何をしても楽しいはずだ」と身をもって実感した彼は、これからもいろんなところへあなたを連れて行ってくれるでしょう。
 

おわりに

この時期しか参加できない花火大会。だからこそ嫌な思い出を作ってしまうと、一生の夏のトラウマになってしまいます。
ステキな思い出を作ることはもちろん、彼をキュンキュンできるように、花火大会はかわいらしさを意識して行動してみてくださいね。(和/ライター)
(愛カツ編集部)