1. トップ
  2. 恋愛
  3. ひと夏の恋を“ホンモノの恋”にする方法

ひと夏の恋を“ホンモノの恋”にする方法

  • 2017.8.9
  • 4427 views

あの……この年になって学生みたいな相談なんですけど――。実は、ちょっと早めの夏休みをとって海外リゾートに行ったのですが、そこで出会った男性とうまく付き合いたいな……と思ってまして。
スーパーの中で3人組に声を掛けられて、あまりにも爽やかだったんで、その日の夕食の約束をしたんです。みんなで楽しく食事してその後、現地のクラブ(踊るほう)に行ったんです。で、好みの男性と意気投合しちゃいました。
途中で酔い覚ましに海岸を散歩して、「東京に戻ったら付き合おう」って言われ、キスされました。そのまま帰国して今日に至ります。それで、明日再会するんです。
だけどリゾートの恋は破局しやすいって言うじゃないですか。過去に何度か「東京で会ったらダメになった」って経験あるんです。この恋は、「ホンモノの恋」にしたいんです!
今回はそんなお悩みに寄り添いたいと思います。

 

◆普段の生活の充実ぶりをアピールする

まずは「普段の生活もこんなに楽しい!」という輝きをアピールすることです。「街で会ったら、ただの色あせた人だった」って思われてフられてしまうケースを阻止するためです。「張り合いのない毎日を送っている人」はリゾートで出会った相手に振られる傾向があります。なるべく今夢中になっていることや、楽しい友人の話をしてください。
 

◆思い出リメンバートークは効果抜群!

会話の糸口として、現地の写真とか思い出話はネタとしてアリ――ですか?彼の頭の中に楽しかった思い出をフラッシュバックさせるのは効果的。再び2人の距離がグンと縮まります。ここは “思い出を大切にする女性なんだ”と思わせた方がHOTな関係を築くことができます。何よりも、2人だけの思い出ですから。
 

◆勢いお泊りはダメ!

でも、気をつけてほしいことがあるんです。明日は、勢いでどっかお泊まりというのはダメです。リゾートから帰って初めての2人デートでは、お酒がはいったときが一番、キケン。勢いでお泊りしてしまうと安定した恋愛にならない可能性もあります。
2~3回は会ってからそうならないと、アソビで終わる確率がグンとあがります。もちろん例外はありますが、そんなケースを今まで何件も見てきましたから。
 

◆最後に・・・

「付き合おう」という口約束までにしておくのが良いでしょう。もったいぶったぐらいで彼が離れてゆくのなら、それは最初から遊びだったってことですから。アソビなら別ですけど、あなたが本気の恋にしたいのですから、ちょっとだけもったいぶってみてください。
<マスターの格言>
◆Let’s appeal for happy every day.

普段の生活でも色あせずに輝いている自分をアピールしよう!潮凪洋介
(愛カツ編集部)