1. トップ
  2. ヘア
  3. ロングヘアもすっきりまとめて涼しげに♪簡単ヘアアレンジ6選

ロングヘアもすっきりまとめて涼しげに♪簡単ヘアアレンジ6選

  • 2017.8.4
  • 26598 views

ポニーテールやお団子といったすっきりヘアで暑い夏を乗り切るのはいかがですか?せっかくキレイなロングヘアをお持ちなら、色んなアレンジで髪型を楽しみましょう!基本ヘアさえマスターすれば、あとは「ねじり」「くるりんぱ」「編み込み」をプラスしたら凝ったスタイルも楽しめます!

夏こそヘアアレンジの腕を磨くとき!

夏に暑いからといって髪を短く切ってしまう方がおられますが、実はロングに伸ばした方が首回りをスッキリ涼しくアレンジできる場合も少なくありません。

しっかりまとめられる長さのロングであれば、アップやお団子などで束ねることで、夏の暑さもへっちゃら♪
汗や湿気で髪がまとわりつく不快感を和らげることが出来ます。

今回は「簡単」「時短」「特別な技術不要」なロングのヘアアレンジをご紹介します。

大人可愛いツインテール

Yui Saitoh@yu--1104yu-1120

ツインテールってどうしても幼く見えてしまうので、大人になると躊躇してしまいがち。
でもツインテールの高さを低くし、カールを加えると大人可愛い髪型に。

さらに髪の根本をゴムで止め、根本と毛先の間でもう一度ゴムで止めることで、ちょっと新鮮なヘアアレンジに♡
ゴムが露出しているのが気になる場合は、毛を少し取ってゴムに巻き付け、ゴムが見えないようにするのもGOOD!

涼しげで活動しやすいターバンアレンジ

Yui Saitoh@yu--1104yu-1120

ヘアバンドを活用すると夏らしく、とっても動きやすいスッキリスタイルに♡
低めのお団子を作り、大きめヘアバンドをつけましょう。
ヘアバンドが主役になるようにヘアアレンジはスッキリめがむしろ正解!

複雑そう?でも簡単!クリップ多数使いが今っぽい編みおろし

 エリカ@igloo_erika

三つ編みさえできればできてしまう「編みおろし」。
でもまるでディズニーのラプンツェル姫のように複雑なアレンジ見えるのでみんなを「オッ」と言わせることが出来ます。

①まず頭の下の方で紙を一つくくりにし、くるりんぱを二、三回をそれぞれ捩じります。
その後髪を三束に分けましょう。
②分けた三束をそれぞれ三つ編みにし、ゴムでくくります。
③三つの三つ編みを使って大きな三つ編みを作り、三つ編み部分を少し抓んで引き出し、ゆるくほぐしてナチュラルな雰囲気を出しましょう。
④ランダムに小物を配置すれば今風アレンジに♡

浴衣もパーティもこれでOK!三つ編みシニョンをアスターしよう

 松下裕哉@yuya8824

ただのアップよりとっても華やかに見えるシニョン。
シニョンとはポニーテールをサイドや首元で丸くお団子にしたスタイルのこと。
そこに編みこみなどを加えていくことによってますます凝ったアレンジに♡

多くのシニョンはクルリンパを毛先がなくなるまで続けることで作る場合は多いですが、三つ編みを使ったゴージャスシニョンの場合、クルリンパ棒は使うのは最後の最後。

①まず髪を上下2つにわけます。上の髪を左右二つに分け、それぞれを三つ編みしていきます。
②できた二つの三つ編みを右から左、左から右に横に這わせ、ピンで固定します。
③残った下の髪を使って大き目の三つ編みを作ります。
④出来上がったら三つ編みの目元にクルリンパ棒を挿し、崩れないように慎重に三つ編みをクルリンパしていきます。毛先がなくなるまで続けると徐々にお団子ができてきますね。

あとはほぐすように三つ編みを引きだし、ふわゆるにして出来上がり♡

ポニーテール×●●でこなれ感演出

松下裕哉@yuya8824

いつものポニーテールにワンアレンジ加えて気分転換もいいかも♡
ゴム部分を髪で巻き覆ってしまってもステキ♪

ポニーテール作成時に両耳横に一束髪を残しておき、残りの毛でポニーテールを作った後、残しておいた両耳の毛をネジネジして固定するもステキ。
耳横の毛をネジネジの代わりに三つ編みをすると凝った感じがぐっとあがります!

ゆるめローシニョンで肩をはらずに♡

ta2tatsu@ta2tatsu

ハリウッドセレブ女優がよくプライベートで行っているローシニョン。
簡単ですのでぜひやり方を覚えてしまいましょう!

①髪の毛を両耳横、真ん中と2:6:2の割合で分けます。真ん中の毛を根本と毛先の二か所をゴムで止めます。
②真ん中の毛を上巻きにぐるぐると根本まで巻き、ピンで固定します。
③①で残した耳横の毛を三つ編みにするか、ロープ編みにし、②で作ったバンズの上を通るように固定します。

三つ編みやトップの毛は少し緩めにひっぱり自然な雰囲気を作りましょう♡

アレンジは無限大になりますが、基本は三つ編み、ポニーテール、お団子といったものだけです。
あとはそれをどう組み合わせるかだけ♡
夏に暑くてまとわりつく髪が鬱陶しくてイライラするときこそ、ヘアアレンジスキルをアップするベストチャンス!
夏は写真を撮る機会も多いはず!
おしゃれヘアでベストショットを残せるよう、練習してみましょう!