1. トップ
  2. ダイエット
  3. むくみに効果的なのは「ふくらはぎパンパン法」と「ウンパニ体操」! 血流を改善してすっきり脚&くっきり顔を目指そう

むくみに効果的なのは「ふくらはぎパンパン法」と「ウンパニ体操」! 血流を改善してすっきり脚&くっきり顔を目指そう

  • 2017.8.2
  • 27400 views

「オフィスワークで座りっぱなしだとふくらはぎがすぐにむくむ」「立ち仕事をしていると足がむくみすぎてツラい」といった声が上がるなど、足のむくみで悩む人は意外と多いですよね。巷ではさまざまなむくみ解消法がありますが、一体どれを試せば良いのか迷ってしまうことも。むくみの原因とともに効果的なむくみ解消法を探っていきましょう。

キーワードは「アルコール」と「塩分」

出典:MK photograp55/shutterstock.com(https://www.shutterstock.com/)
7月16日に放送された「健康カプセル! ゲンキの時間」(TBS系)のテーマは「むくみ」。
むくみは、細胞間に浸み出した水分が静脈やリンパ管に回収されないまま溜まってしまうことで起こります。
むくみの原因でまず挙げられるのは「アルコール」。
暑いからといって冷たいお酒ばかり飲んでいると「座敷で飲んでたら、むくみすぎて靴が入らなくなった」「むくみ過ぎて痛みすら感じる。歩きづらい!」なんて困った事態に陥ることも。
ゲストの大久保佳代子さんも「酒を飲んだ翌日はちゃんと成果が出て…、むくんでます!」と発言していました。
また、アルコールの飲みすぎでトイレが近くなり、更に水分を摂ってしまうこともむくみを悪化させてしまう原因になるようです。

アルコールだけではなく、むくみに悩む人は塩分の摂りすぎにも要注意。
塩分をとりすぎると、血管内の塩分濃度が上昇します。
体内の塩分を薄めようと体が水を抱え込んだ結果、血管内の液量が増加してむくみを招いてしまうことに。
塩分排出効果が期待できるカリウムを豊富に含む豆類、アボカド、きゅうりなどはむくみ対策にぴったりの食材です。
お酒を飲む時やしょっぱいものを食べる時に一緒に食べるといいかもしれませんね。

むくみの解消方法を検証

出典:Intarapong/shutterstock.com(https://www.shutterstock.com/)
足のむくみを解消するには、心臓に次いで第二のポンプと言われるふくらはぎを刺激すると良いそうです。
番組では、巷でウワサされているむくみ解消法がどれくらい効くのかを検証。
「ドライヤー温風温め」「青竹踏み」「着圧ソックス」「貧乏ゆすり」といった方法に加え、東京女子医科大学教授の渡辺尚彦先生考案の「ふくらはぎパンパン法」を試していました。
ふくらはぎパンパン法とは、ふくらはぎを両手で挟むように手のひらで強めに叩くという方法。ふくらはぎの裏側は拳を使ってしっかりとパンチします。

検証したいずれの方法でもむくみは改善されましたが、一番効果があったのはふくらはぎパンパン法。
深呼吸して第三のポンプである「呼吸」を働かせるとさらに大きな効果が期待できるそうです。

顔のむくみには「ウンパニ体操」

出典:ESB Professional/shutterstock.com(https://www.shutterstock.com/)
また脚のむくみ以外にも、「目が腫れぼったくなってメイクしづらい」「まん丸になっちゃってリアルアンパンマン」「ただでさえ大きめの顔が余計にデカ顔になる」といった声が上がるように、顔のむくみも女性のテンションを大きく下げる要因。
お酒を飲んだ翌日に顔のむくみを感じる人も多いようです。

そんな時におすすめなのが「ウンパニ体操」。
まずは口をとがらせて目を見開いて「ウー」と声を出します。
次に顔が中心に集まるようなイメージで、口角を上げながら「ンー」の発声。
「パー」では驚きの表情を浮かべて顔の緊張を解放します。
最後は口角を思いっきり上げて笑顔で「ニー」と言えばOK。
1セットは10~20回で、間隔をあけて3セットすると効果的なんだそう。

普段動かしていない顔の表情筋を動かすことで滞った血流を改善して顔のむくみが解消されるとのことなので、顔のむくみに悩んでいる人は試してみるといいかも。
むくみを取ってスッキリさせ、脚も顔もシャープな形をキープしたいものですね。

文/プリマ・ドンナ