紫外線は髪や頭皮にもダメージ大。夏には夏のヘアケアを!

出典:Shutterstock.com

紫外線ケアはお肌だけでOKと思っていませんか? 紫外線の量が多い夏は、髪や頭皮も相当ダメージを受けています。髪や頭皮は日焼けに気づきにくい部位ですが、髪は紫外線を多く浴びると表面のキューティクルが剥がれてしまい、パサつきや切れ毛などの要因になります。紫外線のダメージを受けやすい夏は、髪や頭皮のケアを丁寧に行いましょう。

紫外線のダメージから髪&頭皮を守る方法

出典:Shutterstock.com

⒈帽子や日傘で紫外線から頭皮やヘアを守る

体には日焼け止めを塗れますが、髪や頭皮の紫外線対策は何もしていないという人も多いのでは? 外出時に髪や頭皮を守るには何といっても帽子や日傘が効果的。できるだけしっかり紫外線カットできるようにUVカット加工を施した製品がおすすめです。また、髪用の日焼け止めスプレーも最近では手に入りますが、頭皮まではカバーしないものがほとんどなので、髪の日焼け止めを使用する場合も、帽子や日傘を兼用しましょう。

出典:Shutterstock.com

⒉かいた汗をマメに拭いて髪と頭皮を清潔に!

頭に汗をかくと頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。皮脂の詰まりは髪の健康に影響を及ぼすのでできれば避けたいもの。さらに、髪に汗がつくと汗に含まれる塩分で摩擦を起こしやすくなり、キューティクルを傷つけてパサついたツヤのない髪にしてしまうので注意して。頭皮に汗をかいたら髪が濡れる前に早めにタオルなどで拭くように。また、ロングヘアの人はヘアスタイルにもちょっとした工夫を。汗は汗腺が多い首から背中にかけて多くかくので、髪が汗に触れないようにアップヘアなどまとめ髪にするのもアリ。

出典:Shutterstock.com

⒊海やプールで濡れた髪はすぐに乾かす

休日には海やプールに出かける人もいることでしょう。海水の塩分やプールの塩素などの薬品は髪や頭皮に大きな負担をかけます。長時間、海水やプールの水で濡れたままでいると髪のキューティクルがはがれやすくなります。しかも、そんな状態で強い紫外線を浴びるとますます髪が傷むことに…。海やプールへ遊びに行ったときは早めに水でしっかり洗い流しましょう。

出典:Shutterstock.com

⒋週に1〜2回は念入りなケアを

紫外線など外的要因でダメージを受けている夏の髪や頭皮には、刺激の少ないオーガニックやノンシリコンのシャンプーが最適です。さらに、乾燥しやすい夏の頭皮には美容液やトリートメントで栄養をチャージ。普段は頻度の少ないスペシャルケアも、夏は週1〜2回を目安にしてみて。

出典:Shutterstock.com

髪はメイクと同じくらい第一印象を左右する大事なパーツです。見落としがちな夏の髪&頭皮ケア、今年は抜かりなく行いませんか?

元記事を読む
提供元: SIGNの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。