1. トップ
  2. 恋愛
  3. 美人じゃなくてもモテる女性が実行していること【後編】

美人じゃなくてもモテる女性が実行していること【後編】

  • 2014.12.27
  • 259 views

前編

では「会話・表情・言葉遣い」の3点において、美人じゃなくてもモテる女性が実行していることをお伝えしました。引き続き後編でも、そんな彼女たちが実行している残りの3つをご紹介します。

■常に「明るくて優しい自分」でいるよう努めている

美人ではないからといって卑屈になりすぎず、「だって私なんか…」という、自己をマイナス評価するような表現はしない。美人ではなくてもモテる女性は、こうした自分であるよう日頃から訓練し、「明るくて優しい自分」でいるよう努めているものです。

モテる女性は、男性が女性に求めていることが、“いつも情緒が安定していて、一緒にいると癒やされてくつろげる”ことだと、本能的な嗅覚で察知できています。ただし、こういった自分であるためには、無理をしすぎないことが前提です。無理をして作り込みすぎると、周りがケアしてあげなければならなくなり逆効果になってしまいます。

■美人ではないと自覚したうえでキレイになる努力をしている

髪や肌がボロボロの美人と、見た目は美形とは言えないけれど髪と肌が美しい女性。男性はどちらにひかれるかといえば、後者です。以前、“雰囲気イケメン”という言葉がさまざまなサイトで頻繁に使われていましたが、髪や肌を美しく保つことで、“雰囲気美人”になることが可能なのです。同性のわたしたちも、髪や肌が美しい女性には目を奪われるのではないでしょうか。それは男性も同じということです。

■顔以外の武器を作る努力をしている、または自覚している

以前に話した会話の内容や、人の名前などに対して記憶力がいい、ミスをした当人が恥をかかないようなフォローがうまいなどの気が利くこと、“オンナ”を丸出しにしないで男性との距離感を縮められる、さり気なく人をほめることができる。

これらは顔以外の立派な武器になります。美人ではなくてもモテる女性は、こうした顔以外の武器を作る努力をしているか、努力して築き上げた長所を自覚して発揮しているものなのです。

以上、美人ではなくてもモテる女性がしていることをお伝えしましたが、この6つは「誰にでもすぐに」実行できる項目です。「あの子より顔がかわいくないから私はモテない」というのは、単なる言い訳です。

努力次第で人は変わることができますし、美人ではなくてもモテる女性になることは可能なのです。この6つは男性だけではなく目上の方にも好評価をもらえるので、今日からでも心がけてみてはいかがでしょうか。

(内埜さくら)

元記事を読む