1. トップ
  2. レシピ
  3. ビキニもばっちり!ぺたんこお腹になれる食べもの3つ

ビキニもばっちり!ぺたんこお腹になれる食べもの3つ

  • 2017.7.23
  • 6788 views

本格的な夏がやってきますね。夏は、薄着で身体のラインが目立ちやすいうえ、水着になる機会もありますから、今まで以上にお腹が気になる季節です。素敵にビキニを着こなせるように、毎日の食生活に「グレープフルーツ」・「玉ねぎ」・「寒天」を取り入れてみましょう! 今からでも間に合いますよ。

(1)グレーフルーツ
グレープフルーツに含まれる水溶性食物繊維は、腸内フローラを改善して、ポッコリお腹の一因である便秘の解消をサポートします。
さらに香り成分には、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながす働き、苦味成分には、食欲を抑える働きがあるそうですから、グレープフルーツは食後のデザートでなく、食事と一緒にサラダ感覚で食べてみて!

(2)玉ねぎ
玉ねぎは、東洋医学において気の巡りをよくする食材に分類されています。
夏は、暑さによる身体へのストレスから気の巡りが滞りがちな季節です。気の巡りが悪くなることで、内臓の働きも悪くなり、お腹のハリや腸トラブルが起こると考えられています。
玉ねぎには、気の巡りをスムーズにする働きに加え、水溶性食物繊維やオリゴ糖など腸内環境美化に役立つ成分も含まれています。
玉ねぎのお味噌汁やスープ、玉ねぎソテーなど、1日1個を目標に食べるといいでしょう。

(3)寒天

寒天は、その8割以上が水溶性食物繊維という高食物繊維食材です。水溶性食物繊維は、腸内でビフィズス菌やヤセ菌と呼ばれる腸内細菌に発酵分解される際に、短鎖脂肪酸を産生します。短鎖脂肪酸は、腸のエネルギーとなり、ぜん動運動をサポートする働きがあります。
便秘の解消というと、ゴボウや玄米など、ボソボソとした食物繊維を摂りがちですが、不溶性食物繊維は、かえってお腹のハリや便秘を引き起こす場合もあります。野菜や玄米を食べても効果が感じられない方は、水溶性食物繊維がおすすめです。
水で戻すだけで食べられる寒天なら、サラダやスープ、お味噌汁など簡単に食べることができます。また、お砂糖の使われていないストレートのジュースに寒天を溶かし、寒天ゼリーを作ってもいいですね。一般的に1日5gの食物繊維が不足していると言われていますから、1日5gを目安に食べましょう。

本格的な夏は目前! 毎日の食生活にご紹介した食べものをとりいれて、ぺったんこなお腹を目指してみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)