1. トップ
  2. メイク
  3. 目元が流行遅れになってない?イマドキメイク方法は“アイシャドウ”がポイント!

目元が流行遅れになってない?イマドキメイク方法は“アイシャドウ”がポイント!

  • 2017.7.21
  • 45639 views

アイシャドウはカラーによって印象が変わります。 自分の好きなカラーをずっと使用していると、いつのまにか流行遅れになっているかも・・・ イマドキメイクに挑戦したい人は、アイシャドウのカラーを変えてみるところから始めてみませんか? 今回は基本的なアイシャドウの塗り方と選び方をご紹介します。

アイシャドウパレットの基本

ハイライトカラー

アイシャドウパレットの中で一番明るいハイライトカラー。
アイホール全体に塗ることでツヤ感や透明感を与えることができます。
涙袋に塗るとプックリと見えるので、さらに女性らしさがアップするかも♡

 

ミディアムカラー

ミディアムカラーは中間色のため、グラデーションをつくるのに便利なカラーです。
アイホールにぼかすように塗ることで、目元に華やかさをプラスさせることができます。

 

シェイドカラー

締め色といわれているシェイドカラーは、ダークカラーとも呼ばれています。
アイシャドウパレットの中で一番濃い色で目尻に入れることが多いです。
シェイドカラーを塗ることで引き締まり、ぱっちりとした目元に♪

 

上まぶたのメイク方法

ベースカラーとメインカラーを

アイホールにハイライトカラーを塗ります。
上まぶたの際に自分が取り入れたいメインカラーを入れましょう。
メインカラーを馴染ませてミディアムカラーでグラデーションにすることで立体感のあるまぶたに。

 

シェイドカラーで仕上げましょう

ハイトーンカラーをさらにアイホールに重ね塗りして、最後に目尻にシェイドカラーを入れたら完成です! シェイドカラーを長めに入れることでタレ目風の目元に♪

 

下まぶたのメイク方法

涙袋メイク

下まぶたにハイライトカラーを入れましょう。
アイシャドウで涙袋をつくることで、女性らしい印象的な目元になります。
ハイライトカラーの中でも、シャンパンゴールドやブラウン系がナチュラルでおすすめです♡

 

グラデーションメイク

下まぶたにグラデーションを入れると目の幅が広がり、デカ目効果が期待できます。
パステルカラーは可愛らしい印象に、ダークカラーは大人っぽい印象になるので、そのときの気分によって使い分けるのも良いでしょう。

 

アイシャドウの選び方

肌のベースによって

色白の人はアイシャドウのカラーが出やすいのでピンク系がおすすめです。
色黒の人は肌なじみの良いブラウン系にするとナチュラルに仕上がります。
イエローベースの人はベージュ系かオレンジ系でまとめてみましょう。

 

なりたい雰囲気によって

フェミニンな雰囲気を求めている人はピンク系などを選んでみましょう。
かわいらしいイメージになること間違いなしです! ブルーやグレーなどの寒色系はビジネスシーンでも取り入れやすいカラーといわれています。

 

使用する人によって

初心者さんはスタンダードのパウダータイプが使いやすいでしょう。
リキッドやクリーム状のものは発色が良く、はっきりとしたメイクをときにおすすめ♡ ペンシルは目尻などの細かい部分だけ使用するときに活躍します。

 

いかがでしたか?

アイシャドウは自分の肌の色に合ったものを選ぶことで、目元と全体のバランスが良くなります。
また基本的な塗り方をマスターすることで、ナチュラルな目元に♪ フェミニンな印象から知的でエレガントな雰囲気と、アイシャドウのカラーによって簡単にイメージチェンジすることもできますよ。
アイシャドウを使い分けて、自分なりのアイメイクを見つけましょう♡