1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【#美金 vol.48】72時間以内が勝負!日焼けのアフターケア

【#美金 vol.48】72時間以内が勝負!日焼けのアフターケア

  • 2017.7.20
  • 1562 views

紫外線対策をしていても、うっかり日焼けをしてしまいがちな夏。紫外線を浴びてしまったら、メラニン色素がつくられて定着する72時間以内のケアが勝負です! この間にどのようにケアをするかによってシミやたるみの程度が変わるので、まさに美肌になるかどうかの分かれ道。
今回は、日焼けのアフターケアに使いたい美白アイテムをご紹介していきます。

日焼け後のケアですべき2つのこと

日焼けした肌は赤くなってヒリヒリしたり、水ぶくれになったり、かゆくなったりしますよね。これは紫外線によって肌が炎症をおこし、火傷をしてしまっている状態です。

日焼け後は肌を冷やして、たっぷり保湿をしてあげるのが大事!
(1)火照った肌を冷やしてあげる
まずは火照った肌を冷やして鎮静させましょう。このあと美白アイテムをいくつかご紹介していきますが、いきなりそれらを使うと肌への刺激が強い場合があるので、使う前に肌の熱を冷まして落ち着かせることが大切です。氷水などで冷やした濡れタオルをあてましょう。
化粧水や美容液でたっぷり水分補給を
日焼けした肌はカラカラに乾燥しており、脱水症状がおきている状態です。肌の水分不足はたるみや老化の原因になるので、化粧水や美容液などで水分補給をすることがマストです!

メラニンの塊を壊す美白美容液

ホワイトロジスト ブライト エクスプレス [医薬部外品]/コスメデコルテ
40mL 15,000円(税抜)

先日伊豆に行き、丸一日太陽の下で海を楽しんできたのですが、そのときのアフターケアに使ったコスメが「コスメデコルテ」の美白美容液です。
たくさん持っている美容液の中からコレを選んだ理由は、美白有効成分の「コウジ酸」が肌の透明感をあげてくれるだけでなく、色ムラの原因であるメラニンの塊“メラノコア”にアプローチし、肌色を均一に明るくしてくれるから。化粧水のようにみずみずしく、日焼け肌にもスッとなじむ使い心地もお気に入りのポイントです。
日焼けのアフターケアでは顔に加えて、特に紫外線を浴びた背中にもたっぷりとなじませます。肌は旅行前と変わらず白さを保てていて、シミやソバカスも出来ていないので、「この美容液を使って正解!」と実感しています。

白肌ボディへ導いてくれる化粧水&美容液

左)ホワイトローション/透明白肌

右)ジュイール ホワイト ファーミングセラム/アルビオン

左)400mL 1,200円(税抜) 右)200g 4,000円(税抜)
ボディは、バシャバシャと惜しみなく使えるプチプラの「透明白肌」の美白化粧水(左)を首元から足先までなじませます。「速攻型ビタミンC誘導体」で透明感がアップするうえ、ヒアルロン酸が乾いた肌を潤してくれる効果も。
#美金 は、この化粧水をコットンにたっぷり浸して、顔やボディに貼るコットンパックをするのがオススメです!

さらに、化粧水の上に「アルビオン」のボディ用美容液(右)を重ねれば完璧。メラニンの生成を抑えてシミやソバカスが出来るのを防いでくれます。スーッとする爽快感が火照った日焼け肌を鎮静させてくれますよ。

日焼け後のアフターケアは、72時間以内が勝負! 将来後悔しないためにもこの3日間は美白アイテムをフル活用して、未来の明るい白肌を手に入れましょうね。
※価格は全て編集部調べ

(美容家・松下 侑衣花)