1. トップ
  2. ファッション
  3. クローゼット収納アイディア50選♪クローゼットを上手に活用している実例をご紹介。

クローゼット収納アイディア50選♪クローゼットを上手に活用している実例をご紹介。

  • 2017.7.18
  • 61892 views

お部屋のあっちこっちに衣服がある状態…ということになってはいないでしょうか?できればそんな状態から脱して、美しく使いやすいクローゼットに改善したいですよね!今回はそんな願いを叶えるべく、クローゼットを上手に活用している実例を特集してみました。どうぞご覧ください。

衣類収納のトレンド

見せる収納が増えてきている!

アパレルショップのようなディスプレイ収納が素敵ですね。今、時代の変化でミニマリストの方が増えたり、ファブリックもインテリアとして楽しめるという考え方が昔より増えたりしたことによって、見せる収納にする方が多くなってきています。

収納は大きければいいという考えから所有量の適量化へ

自分が管理しやすい適量を所有することが丁寧な生活につながるという考え方が浸透して、定期的に服を断捨離する人が増えました。断捨離のコツは、例えば「このハンガーにかけてスムーズに出し入れができる状態が定量」と決めて衣類の管理をすると、楽ちん。あまり細かなルールを設定すると、面倒になります。 

合理的選択

家事能率を考えた収納が美しさを保つ秘訣という考え方の下に、合理的な収納グッズが求められるようになってきました。例えば、ハンガーは「洗濯もの干し用ハンガー」「クローゼット用ハンガー」というように分けてしまわず、同じものを使うのが正解。そうすれば、いちいちハンガーを変えずにそのままクローゼットにかけることができ手間いらずです! 

注目の収納用品

クローゼット上部の棚に物を収納する時にはバンカーズボックスなどの段ボール箱を複数個揃えて収納するのがトレンド。セリアのプレンティボックスが人気。 

建て付けのクローゼットを作らずハンガーラックを利用して収納

昔の嫁入り道具の1つだった「洋タンス」は今はあまり人気がありません。代わってハンガーポールやハンガーラックを使用する人が増えています。

オープンクローゼット~見せる収納

大人の衣類

クローゼットを作らずに、部屋置きのハンガーラックに衣類を収納するという選択もあります。それは見せる収納ということですが、見せながらも隠すというカーテン付きのハンガーラックならちょっぴり助かりますね。 

シェルフと一体化しているヴィンテージテイストのハンガーラック。一人暮らしの人や大きいお子さんのお部屋などに丁度良いですね。クローゼットの中に入れて使っても便利かもしれません。シェルフは机にもなりますね。 

こちらもお店のような収納ですね。洋服というものは少ないと思っていても、案外かさばるものなのに、こんなにスッキリ収まるくらい断捨離しているところが素晴らしいです。木箱にシャツ類を収納しているところもナイス♪ 

インテリアに合う服を着ることで、見せる収納にしても違和感を感じないワードロープになります。ショップのディスプレイを参考にして衣服収納を考えると、ただ閉まっておくだけではない収納を実現することができそうですね。 

自作の木製クロークハンガーです。こちらは一時的に服をかけておくハンガーですが、子供用なら本格的収納としても使えますね。服をかけている小物の木製ハンガーはダイソー製品。グッズを揃えるだけでスタイリッシュですね。 

スチールラックにハンガーをつけ、ラフな雰囲気がかっこいい男前なオープンクローゼットにしています。サイドに流木を下げ、腕時計やサイドバッグなどをかけられるようにして、おしゃれ&機能的なクローゼットです。 

クローゼットは別にあるのですが、お気に入りの服をディスプレイ収納するためのハンガー。IKEAのTURBOという製品です。ハットやバッグなども置いて、すぐにコーディネートして外出できるようにセットされています。 

スタイリッシュに見える分量だけに絞ってあると、まるで1つのインテリアオブジェのようです。1つ1つの小物の置き方や服の並べ方にも洗練されたセンスや美学があり、生活感が上手に消されていてとっても素敵ですね。 

よく使う服をかけるハンガーラック。クローゼットはまた別にあります。机と一体型なので、お子さんの部屋などで使うと省スペースになるでしょう。フレームや机の天板の黒が印象的なので、服の色が散らかって見えません。 

子どもの衣類

オープン収納しているキッズルームのハンガーラック。子供服のお店のようですね。計画的に色味を統一させる事を意識して購入することが重要ポイント♪ 

扉がない木製のオープンクローゼットがかっこいいですね。まるでおしゃれなショップのディスプレイのよう。衣類も、クローゼットに合っていてインテリアの一部という美意識を感じます。IKEAの黒いSKUBBがクール! 

子ども部屋の木製キッズロッカー。フレンチカントリーなかわいいお部屋にぴったりな雰囲気の木製ボックスに、子どものアウターを収納しています。服の大きさが丁度良いぐらいですね。ブレのないセンスがポイントでしょう。 

子どものお洋服のクローゼットは押入れの下段を利用しています。手前近くにポールをつけて、取り出しやすくなっていますね。お洋服を厳選することによって、数を定量に抑えてスッキリした収納になっています。 

IKEAのハンガーラックを使って衣類の一時置き収納にしています。ラックにたくさんかけ過ぎないようにすることが見栄えよく保つポイント。とってもおしゃれなお部屋になっていますね。デニムが適度な差し色になっています。

ウォークインクローゼット

大人の衣類

ウォークインクローゼット内のハンガーラックです。色形が不揃いだったハンガーをコストコのノンスリップハンガーに統一することによってスッキリさせました。外套以外は大人の衣類はすべてこのコーナーに収納しています。 

季節ものの衣類やワイシャツを収納しているクローゼットです。手前の出し入れしやすい部分にはよく使うワイシャツをかけ、奥の部分に今使わない衣類をかけていますね。無印の収納ボックスもぴったり収まっていて美しいです。 

左側がご主人の衣類で、奥が奥様の衣類という分け方で収納しています。お部屋もモノトーンなのですが、衣類もモノトーンだから、モノトーンで統一されていますね。スリムな姿見もクール。 

ウォークインクローゼット内左手に、さらに折れ戸のついたクローゼットがあります。淡いグレーのクロスに光沢感のある白いタンスと白いクローゼットの扉がきれいですね。オープン棚に、ほとんど物を置いていないのも素敵♡ 

ウォークインクローゼット内のクローゼットの中です。下に置いてある収納アイテムはすべて無印良品で揃えています。上部の棚の上にあるドット柄の白と黒の箱はキャンドゥアイテムです。白と黒を互い違いにおいておしゃれ♪ 

ウォークインクローゼットで、右側がご主人、左側が奥様というように分けています。ご主人の方は引き出し式の収納にせず、IKEAのアルゴートシリーズのオープン棚収納にしています。スタイリッシュで使いやすそうですね。 

お店のようにきれいなウォークインクローゼットですね。壁に取り付けたミラーは丁度良い場所にあって便利でしょう。シンプルなミラーや無印良品の収納ケースなどが整然とした印象に一役買っているようです。 

ウォークインクローゼット内は服ばかりではなく、シーズンオフのお布団などもしまっています。 

ウォークインクローゼット内です。スッキリとして窓もあるので、普通のお部屋のようですね。棚にあまり物を置いていないので、着替える時の一時置きに使えて便利ですね。

子ども用のウォークインクローゼット?!

お子さんの衣裳部屋。かわいいですね。姿見もちゃんと置いてあって、お洋服をお子さん自身が自分で決めてお着換えできます。日常生活を遊びのように楽しみながら送ることができるというのは、とても素敵なことですね。 

家族みんなの衣類

クローゼット内。スチールの衣装ケースや古道具のかごが雰囲気を出していますね。収納のポイントは、上部の棚の使い方にあります。たたんだアイテムをくっつけて置かずに、ちょっと離して置いているところがミソ♪ 

スチールラックを複数置いて、お部屋をウォークインクローゼットのように使用。目隠しに黒い画用紙を引き出しの前にインしたクリア収納ケースはカインズホームのもの。奥にある黒箱は「靴のソムリエ」のシューズボックスです。 

家族4人分のファミリークローゼット。別保管の式服以外はここに衣類を集中させて収納しているそうです。1カ所収納は、お洗濯したものなどをしまう時に楽ですね。IKEAの棚の上には何も置かず、仮置き台として便利に活用。

アウター専用クローゼット

玄関ホール近くに作られたコート類専用クローゼットのコートクロークです。注目するところは、「二段式ハンガー」で、もともとのハンガーポールにひっかけて、下の方にもう一段ハンガーポールを設置しているところです。 

階段下の収納庫につっぱり棒を渡してクローク代わりに使用。コートやアウターなどを収納。帽子類はS字フックを利用してポールにかけてあります。いちいち部屋まで外出用の上着などを取りに行く必要がなくていいですね。 

玄関近くの収納を利用したアウター用のクローゼットスペース。目隠し用のカーテンをつっぱり棒で吊るしています。ハンガーラックの上部には、靴磨きセットや折り畳み傘などの日用品が収納された箱を置いています。

クローズクローゼット

大人用

夫婦2人分の衣類が収められています。季節ごとに引き出しを分けているとのことなので、季節が変わったら引き出しごとチェンジ♪楽ちんですね。ワイヤーラックにすることで、風通しをよくしているところもいいですね。 

洋ダンスやクローゼット家具を買わないで押入れにハンガー用のポールをとりつけて、ワードローブにしています。収納力は充分にあるので、クローゼット家具や建付けのクローゼットよりも案外使いやすいかもしれません。 

階段下収納をクローゼットとして使用。戸ではなくカーテンで目隠しをしています。隠すことができるのに、きれいに収納していますね。ハンガーの下の木製ボックスにも目隠しのカバー布がかけられてスッキリしています。 

扉を閉めてしまえば見えなくなってしまうクローゼットの中も気を抜かずにモノトーンで統一してきれいですね。100均の収納ボックスを活用したり、白黒の紙袋をつかって整理したりしているところがポイント♪ 

クローゼットの中に「ドウシシャ」のルミナスラックを入れ、下の段にポールをつけて、洋服を2段にしてかけています。収納力があって機能的ですね♪ハンガー収納の利点は服をたたまなくて良いところ。手間もたたみジワも無し! 

上のポールにはトップスや上着をかけています。色別に並べているので、コーディネートを考える時に楽ですし、しまう時も迷わないですね。衣類の種類別にかけるよりも意外と悩み時間を減らし行動の能率がよかったりします。 

下の段にはボトムスが収納されています。トップスとボトムスを上下に分けるのは効率的に◎!揃った黒のハンガーがスマート。ボトムスをかけるハンバーはずり落ち防止のクリップなどがついているものが便利ですよ。 

夫婦2人分の普段着の衣類がここに収められています。まず「断捨離」をすることがスマートな収納への1歩のようですね。たくさんのものをうまいこと収めるより、自分の管理しやすい分量にすることが生活の質をも高めます。 

スーツ類のクローゼット。ホコリよけカバーを黒で揃えているのでスッキリ見えます。下の方に整然と並んでいるのはセリアのプレンティボックス。たくさん数をそろえて収納したい時、100均アイテムは心強い味方ですね♪ 

こちらがメインのクローゼット。ハンガーラックにかけている服以外はすべてこの一カ所にまとめています。IKEAやニトリや100均のケースやバスケットを、それぞれ上手に使い分けてパズルのように収めているところがお見事!

夫婦の私服を入れているクローゼット。上の棚にあるIKEAとニトリの収納ボックスには、浴衣やコートなどの季節の衣服を収納しているそうです。下の収納ケースやハンガーは無印良品のもの。スッキリしていますね。 

持ち物の数量コントロールがなされ全体にゆとりのある収納で、出し入れしやすそうです。スラックスを折らずにかけているので、折りじわがつかないところもいいですね♪バッグをかけているS字フックは無印良品のもの。 

2枚のコート以外の服や小物は全部ここに収納。なるべく物を増やさずミニマルな状態を保つようにしているそうです。服を処分するかどうか迷った時には、その服を着ているところを想像すると決断しやすいそうです。 

今着るものを収納しています。上の棚に置いてあるボックスは「ハット株式会社」のクラフトボックス。フェローズのバンカーズボックスやセリアのプレンティボックスに似ていますが、エッフェル塔のイラストがキュートですね。 

整然としたきれいなクローゼット内ですね。スッキリとして見えるのは、ハンガーがほぼそろっていることや、グラフチェック柄の物がアクセントとなって視線を逃すからでしょう。 

和室の押入れをクローゼット仕様に。戸はふすまではなく、観音開きの扉タイプ。棚の上のソフトボックスはニトリのものです。 

ディアウォールを使って隙間スペースに洋服を収納する場所をつくっています。かなりの容量が入りますね。 

ハンガーを白で統一して少し余裕がある収納で、出し入れしやすそうですね。下の引き出しもぴったりと収まっていて見ていて気持ちがいいです。上の棚のIKEAの収納ケースSKUBBには帽子などを入れているそうです。 

奥行きのあるクローゼットですね。吊棚タイプで下は空間になっています。無印良品のPPケースを入れてタンスのように使っています。 

ハンガー研究をされて、ダイソーの滑り止めハンガーで揃えたそうです。等間隔に並んできれいですね。ワイヤーハンガーはスッキリしていて、軽いのでいいですね。

IKEAのSKUBB 6コンパートメントはクローゼットで床にチェストを置きたくない時や、ちょっとし小物を収納したい時などにとても便利です。 

外套や丈の長い衣類を入れているクローゼットです。衣類カバーの中には式服などが入っています。 

寝室にあるクローゼットで、左がご主人、右が奥様使用。年2回、衣替えのタイミングに着ないものを処分しているそうです。ゆとりがあってスッキリしていますね。 

子ども用

子供服用クローゼットです。普段着は別のところにかけてあり、クローゼットに入っているのはお出かけ用。子どもが小さいうちは定量が定まらないので、大変ですが、ゆとりのある状態で保っているとイライラしなくてすみますね。 

お子さんのクローゼットの上の棚には、圧縮袋で圧縮した服を保管しています。 

お子さん用のクローゼットです。収納ケースなどを白で統一している上に、ゆとりの収納でスッキリして見えますね。 

まとめ

とても美しい収納に惚れ惚れしますよね。いっぺんに理想の状態にしようとしても忙しい日々の中で実現する時間をとるのは難しいかもしれません。でも、1歩を踏み出さないと、ずっと現状のままです。理想の収納を見て刺激されたこの機会にぜひ、クローゼットの整理を始めてみませんか?