1. トップ
  2. レシピ
  3. 「食欲の冬」到来! 美しくいるための食事ポイント

「食欲の冬」到来! 美しくいるための食事ポイント

  • 2014.12.26
  • 235 views

食欲の秋が過ぎても、がぜん食欲が増してきますよね。寒い季節の食材は美味しいものも多く、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。そこで今回は食欲の冬に負けない、キレイでいるための食事のポイントを4つご紹介いたします。

■初めに野菜や海藻を摂る

野菜や海藻は消化に時間がかかるうえに、体積があるのでお腹が膨らみます。満腹感を感じやすく、その後に食べる量を少なく抑えることができます。そして空腹時は体内への吸収率が上がるので、「最初に食べる」ことが肝心です。

■よく噛み、ゆっくり食べる

ゆっくり食べる人の方が食物繊維の摂取量が多いようです。噛み応えのあるものを選び、食事時間をゆっくり楽しむことで味覚も楽しめ、心にも豊かな食事ができます。私達の身体は意外と反応が鈍く、脳から「お腹いっぱいになったよ」とサインがくるまで満腹なのに気付かないので、よく噛みゆっくり食べることで満腹感を感じやすくしましょう。

■少し「休憩」を入れ、好きなものは最後に

「休憩」といっても席を立つ訳ではありません。ゆっくり食べるための工夫でもありますが、食事の途中であえてお箸などを止め、一緒に食事している相手との会話を楽しんでみたり、外食なら外の景色を眺めてみたり。食べること以外でも「満足感」を感じましょう。

そして、好きなものは最初に食べると食欲が増し、「もっともっと」となるので、ある程度お腹が満たされてきた状態でじっくり優雅に楽しみましょう。

■夜食はやめる

食事にどれだけ気をつけても、夜食を摂ってしまうと台無しです。夜遅くに食べてしまうと摂取したカロリーが消費できません! 最低でも就寝の三時間前以降の食事は控えましょう。

就寝時間をずらせば…いいえ、いけません。脂肪を最も蓄積しやすい時間帯は午後10時から午前2時の間です。つまり、午後7時までにはなるべく食事を終えたいところですね。

とは言っても、働く女性はなかなか難しいので、せめて揚げ物や脂っこいもの・炭水化物を控え、野菜などを多めに摂ってみてはいかがでしょうか?

冬は、クリスマス・忘年会・おせち料理・新年会と、年末年始にかけてイベントごとが多く、「年末だからしょうがないや」という気持ちになりがちです。

ダイエットはわかっていても、ついつい食べてしまい、後悔…なんてこともよくありますが、簡単に始められるものばかりなので、ひとまず自分にとって実践しやすい方法からチャレンジして、継続してみてください。

(服部恵)

オリジナルサイトで読む