1. トップ
  2. ファッション
  3. チャーリー・シーンの『Anger Management』、シーズン2で静かに幕引き

チャーリー・シーンの『Anger Management』、シーズン2で静かに幕引き

  • 2014.12.25
  • 439 views

ハリウッドきってのお騒がせ男チャーリー・シーンが主演を務めるコメディドラマ『Anger Management』が、現地22日にシーズン2の第90話(通算第100話)を放送し、これをもって終了した。米FXがあまり目立たないながら11月に発表していたという。米E!Onlineなどが報じた。

【関連記事】チャーリー・シーンと心優しいハリウッド

同名の映画作品が基になっている『Anger Management』は、当初は1シーズン・10話のみのオーダーだったものの、2012年のプレミア放送回でいきなり600万人近い記録的視聴者数を獲得。この好調の波を受け、FXは追加の90話をオーダーした。爆発的ヒットで幕を開けた同作だったが、視聴率は徐々に低下。最近の視聴者数は50万人を下回るようになっていたという。

『Anger Management』は、数々の問題行動を起こして主演ドラマ『ハーパー★ボーイズ』をクビになったチャーリーのTV主演復帰作品だった。ちなみに、『ハーパー★ボーイズ』は、チャーリー降板後は主演をアシュトン・カッチャーに据えて放送を続けているが、こちらも今秋から始まったシーズン12にて終了が決まっている。

ファンを喜ばせるため、過去に出演した俳優が集結することも多いドラマの最終シーズン。チャーリーは『ハーパー★ボーイズ』最終シーズンへの出演をアピールしているという。とはいえ、製作サイドとは裁判沙汰にもなったうえ、そもそも同作でチャーリーのキャラは死んでしまっている。チャーリーの幽霊が登場するエピソードもあったものの、同役もキャシー・ベイツが扮しているので出番はなさそうだが...果たして?

『ハーパー★ボーイズ』の最終回は、米CBSで来年2月19日に放送が予定されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャーリー・シーン
(C)Tom Marcus/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む