1. トップ
  2. スキンケア
  3. 目からの紫外線もブロック!紫外線対策にぴったりのサングラスの選び方

目からの紫外線もブロック!紫外線対策にぴったりのサングラスの選び方

  • 2017.7.5
  • 5921 views

本格的な夏の暑さの到来に向けて、毎年どんな紫外線対策をしていますか?最近では、飲む日焼け止めと呼ばれているサプリメントも発売され、紫外線を体の内側から、しっかりブロックされている方もいらっしゃいますよね。そして、夏のファッションアイテムとしても注目されるサングラスですが、そのファッション性だけではなく、紫外線対策効果がどの位なのかを見極めて選んでいますか。真の女子力は、こういう積み重ねから生まれますよ!

目からの紫外線は、美白の天敵!

ななぴ@__nanapgram__

実は、目から入ってくる紫外線が日焼けやシミの原因になっていると聞いたことはありませんか。
目にある角膜が日に焼けることで、脳は「メラニンを生成しなさい!」と肌の細胞に指令を出します。
メラニンの生成は、しみや日焼けの原因となります。

そのため、サングラスで紫外線から目を守らなければ、露出している肌に日焼け止めを塗って対策をしていても、気がついたら体中が日焼けしているなんてことがあるんです。

また、目から入ってくる紫外線は、美容に関する部分だけではなく、全身性エリテマトーデスと呼ばれる難病を発病する可能性を上げると言われています。
この病気には、日光過敏症という症状によって、皮膚がやけどのように赤くただれたり、水ぶくれができたり、発熱がみられる場合があります。

目からの紫外線をしっかりカット!紫外線対策効果の高いサングラスの選び方!

J@junichirou.yamaguchi

紫外線対策効果の高さは、サングラスのタグにある表記を確認して知りましょう。
UVのカット率や、遮光度もしらべて購入することをおすすめします。

「どうやって見分ければいいの?」という方のために、表記の見方を説明します。
UVのカット率はたとえば、99%と記載があれば、そのまま「99%UVをカットします」という意味です。

遮光度は、簡単に言うと光をどのくらい遮ることができるかという度合いになります。
眩しさをカットする度合いはこれです。

遮光度番号と呼ばれるものがあり、♯1.2や♯3等で表記されます。
数字が大きくなるほど遮光度が高いという意味です。
遮光率と言ったりも1するんですが、その場合は%で表わします。

ファッショニスタにはこれ!トレンドを取り入れた紫外線対策サングラス!

natukokona@natukokona

とは言っても、オシャレを無視して紫外線対策効果だけを購入の基準にしては、ファッション性の低いものになってしまいがちです。
今年のトレンドはいったいどのようなポイントがあるのでしょうか。

今年の夏のファッションのトレンドは、
ボタニカル・アフリカ柄を取り入れたファッション
レトロなアイテムを使って少しおタク風ファッション

昨年と引き続いている部分が、少しダサく見えるファッションをおしゃれに着こなすといった少し上級者向けのファッションがトレンドとされています。
こういったファッションに似合うサングラスは、太めのフチありのもの、丸メガネ型ではないでしょうか。

ちょっと挑戦かな、、、と思うものが今年のトレンドです。
長く使うものとしては、なかなか手が出ないデザインのものになるかもしれませんが、今年用として1つ持っておくとおしゃれの幅を広げます。

サングラス、オシャレだけではなく紫外線カットの効果もしっかり確認して購入するのも大事なんですね。
今年も美白肌をしっかりキープして、秋冬シーズンを迎えましょう。