1. トップ
  2. スキンケア
  3. 心も体もダブルで癒されるエッセンシャルオイルの使い方4選

心も体もダブルで癒されるエッセンシャルオイルの使い方4選

  • 2017.6.28
  • 3995 views

様々な香りがあるエッセンシャルオイル。今では手頃に購入できるお店も多くなってきました。しかし、エッセンシャルオイルをどう使えばいいのか、分からないという人も多いはず。実はエッセンシャルオイルはいろんなところで使うことができます。今回はエッセンシャルオイルの使い方をシーン別に4つ紹介します。

日用品に香り付け

エッセンシャルオイルの最もポピュラーな使い方は、香り付けでしょう。
手軽に楽しみたい方には、アロマランプやキャンドルがおすすめです。
これらは、エッセンシャルオイルを入れた水もしくは蝋を熱で温めることによって、エッセンシャルオイルの香りが部屋中に広がるようになっています。

場所を取らないので、部屋ごとに置くこともできます。
インテリアとしても楽しめます。

熱湯を注いだマグカップにエッセンシャルオイルを数滴入れて置いておく方法も、同じ効果が得られます。
立ち上る湯気を取り入れると、より効果が高いです。
忙しい時や帰宅時におすすめです。

またハンカチやティッシュにエッセンシャルオイルを含ませると、外出時にも香りを楽しむことができます。
デスクや試験の時に重宝します。
恋人の印象も上がるかもしれません。
周りの迷惑にならないよう、香りの強いものは控えましょう。

お風呂で楽しむ

エッセンシャルオイルを入れた湯船に浸かるアロマバスを楽しむことができます。
アロマバスは閉じられた空間で香りが楽しめるだけでなく、呼吸器や肌からもオイルの成分が浸透します。
これは微量なので、健康に問題はありません。

湯船のリラクゼーションと温熱効果により、効率よくアロマテラピーをすることができます。
全身浴だけでなく、脚浴や座浴でも楽しめます。仕事の合間にリフレッシュしたい時や集中力を高めたい時は、手浴がおすすめです。

使う水にタオルを浸せば、湿布として使うこともできます。
エッセンシャルオイルを入れる量は3滴までにとどめましょう。
入れすぎると、皮膚がピリピリしたり、赤くなったりしてしまうことがあります。

他にもトリートメントに混ぜたり、フェイシャルスチームとして使ったりすることもできます。

エッセンシャルオイルで手作りコスメ

エッセンシャルオイルを使って、手作りコスメを作ることができます。
添加物を一切使わないので、肌に優しいコスメができます。
化粧水やクレイパック、マッサージに使うことができます。

液体として使う場合は、必ずキャリアオイルで希釈したものを使いましょう。
また水は精製水を使います。原液は肌に刺激を与えるからです。
希釈濃度の目安は0.5~1%です。
キャリアオイルも様々な種類があるので、用途や効果に合わせて選びましょう。

もっと香りを楽しみたい方には!

エッセンシャルオイルとエタノールを混ぜ、スプレー容器に入れれば、簡単な芳香剤を作ることができます。
部屋の臭いが気になる時やリラックスしたい時に、手軽にスプレーすることができます。
このスプレーは梅雨のカビやダニ対策としても使えます。

虫除けスプレーとして使いたい場合は、キャリアオイルで希釈してから、水と混ぜましょう。
エッセンシャルオイルは虫除け効果のあるゼラニウムやレモングラスを使います。
スキンケア目的ではないので、水は水道水でも構いません。
キャリアオイルは品質が安定していて、粘り気の低いホホバオイルがおすすめです。
水ではなく、蜜蝋と混ぜると、虫除けクリームとして使うことができます。

重曹・クエン酸・片栗粉を使って、自分だけのバスボムを作ることができます。
香りだけなく、シュワシュワとした炭酸風呂も楽しめます。

いかがでしたでしょうか。
自然の香りはリラックス効果が非常に高いです。
様々なものに利用して、香りを楽しみましょう。