1. トップ
  2. 恋愛
  3. 絶対脈あり! なのに告白してくれない彼を後押しするフレーズ6つ【後編】

絶対脈あり! なのに告白してくれない彼を後押しするフレーズ6つ【後編】

  • 2014.12.24
  • 1169 views

前回

に引き続き、後編でも脈アリは確実なのになかなか告白をしてくれない彼をサポートする有効なフレーズを3つ紹介していきましょう!

■4.「付き合ってないのにふたりで会うのは…」

「付き合っていない人とふたりきりで会うのはちょっとな…」と恋愛に真っすぐな姿勢を見せてみましょう。誰とでも会うタイプではないということを、相手に印象付けることができますし、もうあなたが会ってくれないかもという焦りから「付き合ってください」という言葉が自然に出てくるかもしれません。深刻な雰囲気で「いろいろと考えていたんだけど…」という感じで話を持ち出してみれば、彼も慌てて対応するはずですよ。

■5.「私のこと、嫌いなの?」

彼の態度がよそよそしいときには、「もしかして私のこと嫌いなの?」と、あえて気持ちと逆をついてみるのも有効です。彼はそんなことを言われたことにびっくりして慌てて「嫌いじゃないよ!」と伝えてくるでしょう。

そういう回答が返ってくればこっちのもの。あとは「嫌いじゃないなら何?」と言えば自然と「好き」という言葉が出てくるはずですよ。彼が本心で思っていることを誘導してあげることで、求めていた答えを聞けることになります。

■6.「私は好きなんだけどなー」

いつまで待っても告白してくれないときは、最終手段としてこちらがアクションを起こす必要があります。「私たちって、どんな関係なんだろうね」と言って、彼にドキッとさせることからスタート。戸惑っているところに「私は○○君のこと好きだけど」と言えば、あとは彼の答えを待つのみ。

彼はあなたの突然の言葉に驚きを隠せない反面で、嬉しい気持ちでいっぱいになるでしょう。そうすれば「俺も好き」という言葉も自然に出てくるのでふたりの交際がスタートすることになりますよ。待てど暮らせど今の関係が発展しないと見切ったら、積極的にアピールすることが重要なカギとなるでしょう。

いかがでしたか? 彼の性質やタイプによっても有効な言い方は異なります。まずは彼に合ったフレーズはどれかを見定めて、タイミングを見計らって伝えてみてくださいね! 早く彼と結ばれて毎日を充実させたいという人は、彼の告白を待つだけでなくこちらからもアクションを起こすようにしておきましょう。あなたの働きかけによって、彼も自信を持って告白してくれるようになるはずですよ!

(RUREI)

元記事を読む