1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋愛において「自立」できない女性の特徴は?協力・甘やかしの線引きのルール

恋愛において「自立」できない女性の特徴は?協力・甘やかしの線引きのルール

  • 2017.6.24
  • 12752 views

河瀬直美監督の最新作『光』をご存知ですか?2017年5月に公開されたこちらの映画は、カンヌ国際映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞しました。

水崎綾女さん演じるヒロイン・美佐子の仕事は、視覚障害者向け音声ガイドの作成です。

彼女の未熟な仕事ぶりを手厳しく批判する弱視の元カメラマン・雅哉を永瀬正敏さんが演じています。

二人はぶつかり合いながら互いの過去を紐解き、だんだんと心惹かれていく…というストーリーです。

◆バトルする人々
この映画には、様々な「喪失」を体験した人々が出てきます。

認知症で記憶を失った美佐子の母。幼い頃に父が失踪し、父親という存在を知らないまま育った美佐子。そして、視力を失いつつある元カメラマンの雅哉。

彼らは「喪失」という現実を前にして、ままならない現実にもがき、苦しみながら、それでも「光」を見出そうとしています。戦い続ける美佐子と雅哉は、やがて恋に落ちるのです。

そこまで壮絶な「喪失」を経験していなくとも、人は日々、何かと戦っています。

忍び寄る老いに抵抗し、人間関係の狭間で神経をすり減らし、恋人とわかり合うために言葉と時間を費やす。それらも立派な「戦い」といえるでしょう。

奮闘しながら、人は「自律」と「自立」の意味を学んでいきます。

◆自律と自立
誰の助けも借りずに自分のことは自分で行うのが「自律」、社会生活の中で他者と調和しながら自分のアイデンティティを確立するのが「自立」です。

恋愛においては、精神的に幼い男性は「自律」をしようとしない傾向があり、心が未熟な女性は「自立」できないケースが多々あります。

例えば、彼女のアパートに転がりこんで、定職に就くでもなくブラブラして自堕落に過ごす。いわゆる「ヒモ」状態の男性は「自律」できていません。

また、彼が常に自分のそばにいてくれないと不安で、束縛しないと気がすまない。そういう女性は「自立」しているとはいえないでしょう。

自分が決めた規範に従って自らを管理するのも、精神的に独行するのも、結局は「自分の弱さ」ときちんと向き合っているかどうか次第。

己から逃げずに戦った人が、「自律」あるいは「自立」できるのです。

◆手助けと甘やかし
とはいえ、人には得手不得手があるし、時間の経過と共に今までやれたことができなくなることだってありますから、すべてを独力でなんとかするのは無理です。

だから、能力・努力・適性ではどうにもならないことで、他人の協力を仰ぐのは悪いことではありません。

むしろお互いが得意とすることを「交換」(パーター)することで、より絆が深まります。

このような理想的な二人三脚を生み出す「手助け」は、どんどん行ったほうがいいでしょう。

ただ、やろうとしたらできることを相手任せにしたり、相手がいなければ自分を保てないほど依存したり。これらは「協力」ではなく「甘やかし」です。

相手が好きだから頼りたいのではなく、単に苦労したくない自分の弱さと向き合いたくないだけ。なんのことはない、身勝手さを相手に押し付けているだけなのです。

◆まとめ
どこまでが手助けでどこまでが甘やかしか、その線引きのルール、ご理解いただけましたでしょうか。

「愛していればこうしてくれるはず」

「本当に好きなら受け入れてくれるはず」

と、愛情をタテに自分だけの「思い込み」を相手に押し付け、過剰な要求をしていると自覚できていない人って多いんです。

言っていることは、自分に構ってほしくてイタズラをして親の愛情を試そうとする幼児と同じ。このような「退行」は、関係を良くするどころか破壊しかねません。

相手任せの恋愛をしている人は、自分の言動に「退行」が見られないか分析してみてください。その上で「自律」や「自立」ができていないようであれば、甘えを許さない強さを持ちましょう。

それが、「光」ある恋愛を創り出していくのです。

ライタープロフィール
黒木蜜

一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。

黒木 蜜~中今の詩~

※画像出典/shutterstock

元記事を読む