1. トップ
  2. レシピ
  3. この若さで52歳!? 今話題のオーガスト・ハーゲスハイマーさんがアンチエイジング食事法を伝授! 【後編】

この若さで52歳!? 今話題のオーガスト・ハーゲスハイマーさんがアンチエイジング食事法を伝授! 【後編】

  • 2014.12.24
  • 1141 views

最近発売された、『スリムな身体で美しい人はこう食べている』(中央公論新社刊)でも話題を読んでいる、アンチエイジング博士のオーガスト・ハーゲスハイマーさん。前回に引き続き、若さを保つための食事法についてお聞きしました。

オーガスト:前回、オーガスト流の食事法についてお話しましたが、毎食生野菜サラダとタンパク質を摂るのが鉄則で、さらに糖質も控えるようにしましょう。糖質を摂りすぎると活性酸素が発生して、老化の大きな原因になります。白米を食べるとしたら朝と昼に握りこぶしひとつ分だけ。夜は控えます。

安田:もちろんパンもダメですよね?

オーガスト:今の麦は遺伝子組み換えなどの改良で、昔の麦より7割多いグルテンの量が含まれています。それに、昔は石で麦を引いていたので食物繊維が残っていて糖の吸収を抑えられたのですが、今はそれを期待できません。

安田:そうなんですね!

オーガスト:もしパンを食べるとしたら、ライ麦100%のものにしてください。あとは、小麦のパンは週に1回のご褒美とか。

安田:なるほど。ご褒美にすればいいんですね! 私もオーガスト流の食事法を実践するにあたって、外でのランチがほとんどなので、炭水化物を控えるのが難しく悩みます。

オーガスト:そうですね。外食のランチだとほとんどの人が炭水化物の摂り過ぎになっています。もし和食だったら丼ものを控えて焼き魚や刺身定食にし、ご飯を半分残すのが理想。メインが肉のランチだったら、パンは食べないか、ひと口だけにします。もしサイドメニューに野菜サラダがあったらぜひオーダーしてください。

安田:女子はパスタ好きが多いので、それがちょっと難しいのですが…。

オーガスト:何でもムリをすると続かないので、週に1度は好きな物をどれだけ食べてもOKな日にしています。その日なら、カレーライスもラーメンもケーキバイキングも食べて大丈夫。普段、気をつけておけば1日暴飲暴食しても身体はダメージを受けにくくできています。

安田:それを楽しみに頑張れますね! そして、甘いものはパンと同じく週に1度のお楽しみにします(笑)。

■フルーツや蜂蜜もNGフード

オーガスト:「疲れたから」と、毎日少しずつチョコレートやクッキーを食べるのが、一番身体にダメージを与えます。それなら、週に1度思い切り食べたほうがいいんです。

安田:そうですね。つい、仕事の合間に食べてしまうのですが、もうやめます。

オーガスト:さらに、オーガスト流食事法ではおやつも大事。なぜなら、1日に3回の食事だと空腹時間ができてしまうからです。お腹が空くと脳が飢餓状態になり、さらに脂肪を溜め込もうとします。

安田:おやつといっても、何でもいいわけではないですよね。

オーガスト:もちろんです。おすすめは、老化防止をサポートするビタミンEをたっぷりと含むクルミやピーカンナッツなどのナッツ類。それから、ゆで卵やアボカドもいいですね。

安田:フルーツはダメでしょうか。

オーガスト:フルーツはビタミンが豊富だから、と食べる方が多いのですが果糖も糖質なので、お腹周りの脂肪を増やしたり、肌を老化させるAGEsを増やすというデータがあります。また、膵臓にもダメージを与えるので、わざわざ食べる必要はありません。

安田:そうなると、フルーツをたっぷり入れたグリーンスムージーにも気をつけなくてはいけませんね。

オーガスト:その通り。もしグリーンスムージーにフルーツを入れるなら、グレープフルーツやキウイ、ラズベリーなど甘みの少ないものを選ぶようにしましょう。

オーガスト:それから、身体にいいと言って食べているドライフルーツも、果糖のかたまりのようなもの。蜂蜜も栄養はありますが、糖質そのもの。ビタミンやミネラルを摂りたければ、生野菜で十分です。

安田:確かに。健康食というイメージのある甘味料などは、積極的に摂っていました。今後、摂り過ぎには注意します。

オーガスト:あとは、食品添加物を使った調味料や食品をできるだけ避ける、卵も肉も、自然な飼育法で育ったものを選ぶ、など「本物」の食材を摂るように心がける事が、将来の見た目や体内年齢を左右することになります。

安田:情報に惑わされずに、自分で選ぶ目をもつことも大切ですよね。これからも、健康とアンチエイジングのためにオーガスト流食事法を続けて行こうと思います。どうもありがとうございました。

スリムな身体で美しい人はこう食べている - オーガスト流ボディシェイピング

オーガスト・ハーゲスハイマーさんプロフィール:

公式ブログ

栄養学博士。株式会社アビオス代表。サンディエゴ州立大学で医学を学ぶ。長年に渡る栄養学、アンチエイジング理論、予防医学の観点から、オーガニック素材を使ったクオリティの高い美容健康食品の研究、開発を手がける。手軽に続けられる効果的なメソッドと、本人のクールなルックス、温かな人柄で人気を博し、テレビや雑誌、ラジオなど多数のメディアほか、講演会などでも活躍。5人の子供をもつ父でもある。『スリムな身体で美しい人はこう食べている』(中央公論新社)『卵は最高のアンチエイジングフード』(美空出版)、『ココナッツオイルが効く!』(主婦と生活社)他、著書多数。

(安田光絵)

オリジナルサイトで読む