1. トップ
  2. 恋愛
  3. 子どもが欲しい! 妊娠前に準備しておきたいこと4つ

子どもが欲しい! 妊娠前に準備しておきたいこと4つ

  • 2014.12.23
  • 276 views

【女性からのご相談】

31歳の妊娠希望の女性です。結婚して2年ほど経ちましたが、そろそろ妊娠して出産したいと思い始めました。うまく妊娠できるかわかりませんが、妊娠前に心がけることはありますか?

●A. 妊娠前からしておいたほうが良い準備があります。

ご相談ありがとうございます。フリーライターのnanakoです。

妊娠を意識し始めるといろいろと考えることがあるかと思います。ベネッセ教育総合研究所が、子どものいない男女の“子どもを持つこと”や“産み時”に関する意識、妊娠に向けての行動実態を調査した『未妊レポート2013 -子どもを持つことについての調査-』によると、既婚女性の56.9%は、「ぜひ」「できれば子どもが欲しい」と回答しているそうです。

では、今回は妊娠前に準備しておきたいことについてご紹介します。

●妊娠前にやっておきたいこと4つ

●(1)基礎体温を測る

子作りのタイミングを調べるためには必要不可欠でしょう。万が一、なかなか赤ちゃんを授かることができずに婦人科へ通う際にも、基礎体温の提出は必須になります。

●(2)予防接種

インフルエンザの予防接種ももちろん大切ですが、風疹の抗体検や予防接種はとても大切です。妊娠初期にママが風疹ウイルスにかかると赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出ることがあるそうです。

風疹の予防接種は女性だけはなく、家庭内での感染を防ぐためにもこれからパパとなるご主人にも必須です。

●(3)歯の治療

妊娠する前に歯の治療をしておいたほうがいいでしょう。妊娠中の麻酔による治療は難しいです。また、出産後の歯の治療も育児が忙しくなかなか歯医者に行けないことがあります。

●(4)一人の時間を大切にする

資格の勉強をしたり、ゆっくり寝たりと、一人の時間を大切にしましょう。子どもが生まれると、自由な時間はかなり減ってしまいます。妊娠するとできないことも増えるので、今のうちに一人の時間を楽しんでくださいね。

ーーーーーーーーーー

妊娠を希望してから出産に至るまで、女性には心配事がたくさんありますね。ぜひ、心と体の調子を整えてくださいね。かわいい赤ちゃんと会えることを祈っています。

(ライタープロフィール)

nanako(フリーライター)/国立大学、研究所勤務の後、サラリーマンの夫の転勤に伴い国内外で暮らす。海外駐在中に妊娠し、日本に里帰りし出産。当時、激務の夫は育児にまで手が及ばず、子供を挟んで火花が散ることも。現在は多感な小学生になった娘を中心にキャンプや海外旅行に行き、育児を夫婦で楽しんでいるママライター。

元記事を読む