1. トップ
  2. インテリア
  3. 押し入れに眠らせておくのはもったいない!イルミネーションライトの活用術☆

押し入れに眠らせておくのはもったいない!イルミネーションライトの活用術☆

  • 2017.6.14
  • 1386 views

屋外で使ったり、クリスマスなどのイベントで使ったりすることの多いイルミネーションライトですが、お部屋の間接照明として普段から使えるステキなアイテムなのです!そんなイルミネーションライトの活用術をご紹介したいと思います。

イルミネーションライトの活用術!

小瓶と組み合わせる

フタに穴を開けた小瓶と、セリアのケーブルライトを組み合わせるだけで、とってもかわいらしいイルミネーションライトの完成です☆1メートルほどの長さのライトなので、キッチンなど飾るスペースが狭い場所でも使いやすいですね! 

大きめの瓶に詰める

セリアのケーブルライトなら、大きめの空き瓶に無造作に入れるだけでもオシャレな照明に早変わり!乾電池で光るライトなので、持ち運びも自由!お好きな場所に置けるのが嬉しいですね♪

ブリキバケツと組み合わせる

ブリキバケツは底に穴を開けてライトと組み合わせると、バケツがランプシェードになります!ブリキの質感はナチュラルなインテリアにピッタリ♪観葉植物などを照らすための照明として使うのがおすすめですよ。 

ドライフラワーと組み合わせる

イルミネーションライトは、ドライフラワーと一緒に壁に掛けてもステキですね♪落ち着きのあるホワイトインテリアも、柔らかく光るライトがプラスされることで、華やかな印象のお部屋になりますよ☆ 

ラダーに絡ませる

鳥かごやツリーなど、ナチュラルな雑貨が置かれたラダーシェルフは、雑貨を照らすようにイルミネーションライトを絡ませると、よりステキなディスプレイスペースになります☆電球色のライトが、真っ白なラダーを引き立ててくれますね! 

鏡のフレームに絡ませる

大きめの鏡のフレームを囲うようにイルミネーションライトを絡ませると、アンティークな鏡がよりゴージャスな印象になります☆明かりが鏡に反射することで、ライトがより明るくなりますよ♪ 

採光窓に飾る

日中は太陽光が入り明るい採光窓ですが、夜になるとどうしても暗くなりますよね。そこにイルミネーションライトを飾ると、夜でもふんわりと光る採光窓に変身します♪ライトを点灯させておけば、メインの照明を消してもお部屋が真っ暗にならないのが嬉しいですね☆ 

ニット小物と組み合わせる

ナチュラルインテリアにピッタリのチャンキーニットのアイテムには、電球色の明かりがピッタリ☆柔らかな質感の明かりとニットを組み合わせたインテリアは、見ているだけでほっこりとした気持ちになれますね♪ 

まとめ

いかがでしたか?イルミネーションライトは、季節を問わずインテリアに穏やかな明かりを灯してくれるステキなアイテムです。100均で手に入るライトもありますので、季節を問わず、気軽に使える間接照明として、お宅のインテリアに取り入れてみませんか? 

元記事を読む