美肌なら軟水! 便秘なら硬水! 正しいミネラルウォーターの選び方

美容と健康のことを考えて、ミネラルウォーターを飲んでいる方も多いはず。しかし、そのミネラルウォーターにもさまざまな種類があることをご存知ですか? そこで今回は、ミネラルウォーターご愛用の方へ、正しいミネラルウォーターの選び方をご紹介していきましょう!

 

お水の種類硬度ってなに?

「軟水」や「硬水」とはよく耳にするものの、その違いはどこにあるのか、ハッキリとは知らない……という方も多いのではないでしょうか?
「硬度」とは、カルシウムとマグネシウムの含有量のこと。その基準はWHO(世界保健機関)によって定められており、硬度120mg未満が「軟水」、120mg以上は「硬水」とされています。
硬度が高ければクセを感じ、硬度が低ければ飲みやすさを感じる傾向にあり、日本の水道水や、国産のミネラルウォーターの多くは、硬度の低い「軟水」です。
 

 

便秘に◎硬水とは?

硬水に含まれている成分のひとつ、マグネシウムは、便秘の改善に効果的と言われています。マグネシウムの作用には「腸の中の水分を保持する」というものがあり、便を形成して排泄作業をスムーズにしてくれるのです。
マグネシウムを多く含む硬水の代表と言えば、硬度1468mg/Lのコントレックス! 硬度はこちらの1/3程度ですが、コントレックスが飲みにくいようであれば、ヴィッテルやエビアンなどもおすすめです。
ただし、硬水が合わないという方もいらっしゃるので、飲み過ぎには要注意。慣れない場合は、朝のお水をコップ一杯、硬水に変えるといったことからはじめてみましょう。
 

美肌に◎軟水とは?

軟水は、カルシウムやマグネシウムをあまり多く含まず、飲みやすいミネラルウォーターです。一般的に、コンビニなどで売られている国産のミネラルウォーターはたいてい軟水で、ボルヴィックや、クリスタルガイザーも軟水となっています。
体に吸収されやすいという特徴を持っているので、体の水分代謝をあげたいというのであれば、こちらがおすすめ。水分代謝をあげれば、美肌にも効果的ですので、美肌を求めているのであれば、軟水をチョイスしてみましょう。
 

おわりに

便秘解消を目指すなら硬水を! 美肌を目指すなら軟水を! 用途によって使いわければ、お水をもっと効果的に取り入れられるはずですよ。硬度だけでなく、採水地などによっても味が異なるため、自分好みのものを探してみてくださいね。
 
(富永ゆう/愛カツライター)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理