1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「イメチェン」の相談、誰にする?!”相手別”メリット&デメリット

「イメチェン」の相談、誰にする?!”相手別”メリット&デメリット

  • 2017.6.10
  • 7009 views

イメチェンをしようと思った時、誰に相談をしていますか?相談する相手は、的確な意見をくれる人が良いですよね?考えられる候補のメリット・デメリットについて、考えてみましょう。イメチェンが成功するとおしゃれはさらに楽しくなりますよ!

「イメチェン」する時に悩むこと

髪を切る・髪色を変えるなど、ヘアスタイルを変えたい時は、芸能人を参考にして、ヘアカタログなどで気になるスタイルを探したのち、自分がその姿になった姿をイメージして、似合うか似合わないかを妄想しますよね。

そして、”現状維持”or”チェンジ”、”チェンジ”するならどのスタイルが良いかなどを、誰かに相談した経験は誰しもありますよね。また、メイクを変える時も、「変えてみたのだけど、これまでとどっちが良いかしら?」と意見を求めたことがあるはず。

このように、イメチェンをする際は、「どんな風にチェンジすべきか」を、イメチェン後は「それが成功であったかどうか」を悩むもの。その悩み、どんな関係の相手に意見を求めるべきかって迷いませんか?

相談相手別のメリットとデメリット

家族

正直な意見をくれる反面、家族内の誰かによってトレンド感なし・保守的な提案ばかりの可能性

家族に相談するメリットは、なんといっても建前やお世辞を含まない率直な意見をくれること。「似合わない」、「やめたほうが良い」、「前のほうが良かった」など、他の人が言いたくても気を使って言ないような否定的な意見も正直に教えてくれます。

その一方で、ご両親や年上の兄弟などに聞いた場合、より清楚・より真面目に見える方向への変化を執拗にすすめられ、トレンド感のあるスタイルや個性の光るスタイルを真っ向から否定されてしまう可能性も秘めています。

女友達

トレンドを取り入れたアドバイスをくれるか、それともマウンティング精神が出るかに分かれる

女友達は家族のデメリットとは反対に、トレンド感のあるスタイルや個性を活かすイメチェンを大賛成してくれる傾向に。感度の高い友人であれば、あなたの想像以上に素敵な提案をしてくれることも。

その際、気をつけなければいけないのが、「女の嫉み感情」です。親身に相談にのっているフリをしながら、あなたがより”イケてなく”なる方向や”モテなく”なる方向をさりげなくおすすめしてくる性格の悪い人もたまに存在するので見極めましょう。

男友達

正直な意見をくれる可能性と、適当な返答の可能性が半々

男友達は、似合わないなどの否定的な意見もくれるし、女友達を蹴落とす必要もないため、基本的には正直かつ率直な意見をくれる強い味方です。

ですが、実際問題彼女でもない女友達の相談なんて、「どうでもいい」というのが男の本音。あまり深く考えたり、イメチェン後のあなたの姿を想像したりすることなく、適当な受け答えで流している可能性も否定はできません。

恋人

彼好みの女になれるが、彼色に染まりすぎる女は飽きられる

恋人にイメチェンの相談をされたら、当然親身になって聞いてくれるはず。そして「自分はこんな姿が好きだ」、「これが似合うと思う」などと、彼の好みを教えてくれることでしょう。すると、当たり前ですが、彼好みのルックスになれるという特典がついてきます。

だけど、男性というのは「自分色に染めたい」反面、「彼色に染まりすぎる」女には飽きてしまう側面を持っています。ですから、あまりに彼の意見に従いすぎるのもおすすめはできません。

行き着けの美容師さんなど慣れ親しんだ専門家

的確な意見が期待できるが、結果新たな発見がむずかしいことも

慣れ親しんだ間柄で、しかも美容の専門家である相手であれば、トレンド感もあなたへの似合い度もかなりレベルの高い意見をくれることでしょう。あなたの髪質や肌質・趣味趣向なんかも考慮した上でのアドバイスをくれるはず。

しかしながら彼らには、少なからずこれまでのあなたへのイメージがあるもの。特に、これまで何度も外見に関する意見を求めてきた担当美容師さんやBAさんなどの場合、大幅なイメチェンや新たな発見は期待できないかもしれません。

初見の美容師さんやBAさんなど全くの他人の専門家

斬新な発想をくれるが、その日の自分のファッションに左右されるなどイマイチな場合も

初見の専門家の方は、感度が高い上にあなたへの固定観念がないため、目から鱗な、新しい視点での意見や発想をあなたに与えてくれることでしょう。

でも、意見を求めた日のあなたのファッションやメイクのテイストによって、答えが変わることがあるので気をつけて。例えば、仕事帰りのスーツの時、カジュアルな私服の時、ラグジュアリーな服装の場合のように、服装が違うだけでも、同じ質問をした際の答えが変わってしまうこともあるでしょう。

他人の意見はとても大切だが”最後に決める”のは「自分」!

イメチェンに限らず、他者の意見を聞くことは何事においてもとても大切なこと。ですが、決めるのも決めた姿で生きるのも自分自身です。ですから、もし人の意見に従って髪を切るなど大掛かりで、しかもなかなか元には戻せないイメチャンをした結果、「失敗だったな・・・」と後悔をしても、それを人のせいにしてはいけません。最後に決めるのはあなたです。

周りの人の意見を参考に、自分の責任で決断を。そして、アドバイス通りにした人にも、結果もらったアドバイスに従わなかった人にも、きちんと御礼を伝えましょう。そうしないと、これから先、あなたの相談の大小に関わらず、話を聞いてくれる人が減ってしまいます。

また、人にイメチェンの相談をされたときは、その人にとってもっとも似合うスタイルを親身に答えてあげることができる人間でありたいですよね。