1. トップ
  2. グルメ
  3. 恵比寿ガーデンプレイスタワーのレストランフロア「TOP of YEBISU」豪州発のタイ料理も初上陸

恵比寿ガーデンプレイスタワーのレストランフロア「TOP of YEBISU」豪州発のタイ料理も初上陸

  • 2017.5.26
  • 3464 views

恵比寿ガーデンプレイスタワーのレストランフロア「DINING&SKY「TOP of YEBISU」が2017年8月26日(土)グランドオープン。

タワー39階のテーマは、”Think the world”。タイ、中国、イタリア、南仏、オーストラリアなど世界各国から厳選された地元料理を、大人の遊び場をイメージしたカジュアルかつ洗練された空間で楽しめる。そして38階は、ジャパニーズモダンシックなフロアに。新鮮な魚介が味わえる天ぷら専門店などが加った。

オーストラリア発のモダン・タイ・レストラン「ロングレイン(Longrain)」が日本初出店。本場さながらの辛さ・甘味・酸味・塩気を効かせたタイ料理を提供する。色鮮やかな盛り付けや、アロマティックなスパイス使い、モダンな内装などが好評で、本国の広々としたレストランは常に満席だという。

「ロティサリー ブルー(ROTISSERIE ☆ BLUE)」の名物は、特注のロティサリーマシンでカリッと香ばしく焼き上げた、国産の拘りの雛鳥。まるごと使った豪華なチキンをメインに、ガレットやグラタンなどフランスの郷土料理が楽しめる。フランスの田舎の家庭を思わせる温かい雰囲気のテーブルも魅力だ。

「天ぷら魚新」は、明治23年、赤坂に創業した鮮魚店をルーツに、昔ながらの素材や職人の技術を生かした天ぷら屋。新鮮な魚介類をカウンター越しにさっと揚げた自慢の天ぷらは、素材の旨みが際立つ1品だ。魚料理や酒肴も用意しているので、ちょっとお酒を飲みに立ち寄るのにもおすすめ。

【詳細】
恵比寿ガーデンプレイスタワー「DINING&SKY「TOP of YEBISU」
オープン日:2017年8 月26日(土)
場所:恵比寿ガーデンプレイスタワー 38・39階
住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-3
■新店舗例
ロングレイン ※日本初 / ロティサリー ブルー / サウス / ボッチャーノ / 恵比寿 天ぷら魚新 / LUCIS GARDEN 恵比寿 by TOH-TEN-KOH