ハイライトとシェーディングで♡自分史上最高の小顔メイク!

2016年の冬ごろから注目を集めている「コントゥアリングメイク」など、今やメイクにはハイライトとシェーディングが欠かせない時代。より立体的な骨格を作り出し、小顔になれるメイク方法が話題を呼んでいますよね。今回は、そんなコントゥアリングメイクを始めとした小顔メイクを参考に、ハイライトとシェーディングの入れ方をご紹介。イマイチどこに入れればいいのかわからなかったハイライトとシェーディングのポイントを抑えて、自分史上最高の小顔メイクを完成させちゃいましょう♪

1.ハイライト、シェーディングはいつ入れるの?

まず気になるのが、ハイライトとシェーディングを使うタイミング。
ファンデーションの後?前?下地の後?前?

悩むタイミングは色々とありますが、正解はずばりファンデーションの後。
下地、ファンデーションと通常通りの肌メイクを施し肌色を均等にした上からハイライトとシェーディングを入れるのがおすすめです。

ちなみに、仕上げのパウダーを使用する、という人はハイライトとシェーディングで小顔メイクをした上から軽くパウダーをはたいてあげるのがいいでしょう。
せっかくのシャドウとハイライトを生かすためにも、薄付きにするのがポイントですよ。

2.ハイライトの入れるポイントと色の選び方

では、ファンデーションで肌トーンを整えたら、ハイライトを入れていきます。
入れる場所は、顔に光が当たったときに光が飛ぶ部分。
Tゾーンや、笑ったときの頬が一番盛り上がる部分、鼻の下、顎の平らな部分に乗せていきます。

ハイライトのカラーは、どの肌色にも合うホワイトを使うのがおすすめ。
肌色で合わせたい!という場合は、色白さんならピンク系のハイライトを、日本人に多い黄みがかった肌色さんであればベージュやイエロー系のハイライトがいいでしょう。

また、小顔メイク初心者さんはマットな質感が失敗しにくいのでおすすめですが、今年の旬顔のポイントでもある「濡れ感・ツヤ感」を重視したいのであれば、クリームタイプのハイライトを使用するのがいいでしょう。
ちなみに、ハイライトスティックではなくクリームタイプやパウダータイプのハイライトは、パール感が強いものがあるので要注意。

鼻の下やおでこがキラキラと輝いてしまう恐れがあるので、パールタイプのモノであれば鼻の筋や頬の部分などのみにハイライトを乗せるようにしましょう。

3.シェーディングの入れるポイントと色の選び方

ハイライトに対してシェーディングは、光が当たったときに影になる部分に入れていきます。
小顔メイクに欠かせない顔の輪郭部分のシェーディングも忘れずに。
他は鼻のサイドや下唇の下の凹んだ部分などに入れていきましょう。

とにかく、ハイライトに対してシェーディングは顔の凹凸をより強調させるのがポイント。
特に輪郭周りは小顔度をアップさせるためにも必ず入れるようにしてください。
シェーディングのカラーは、自分の肌よりも2トーンほど暗めのカラーを選ぶのがおすすめです。
1トーン程度の暗さだとシェーディングの意味がなくなってしまうので気をつけてくださいね。

ハイライトとシェーディングを入れたら、パフで一気に伸ばしていきます。
指で伸ばすとムラができてしまうので注意してくださいね。

いかがでしたか?
ハイライトとシェーディングを駆使すれば、メイクだけで小顔が作り出せちゃうんです。
大切なのは質感と色。
より自分の肌に合ったハイライトとシェーディングのカラーを見つけて、小顔メイクに挑戦してくださいね!

元記事を読む
提供元: myrecoの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理