1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 快適な暮らしを実現するには?住まいのリフォームポイント5選☆

快適な暮らしを実現するには?住まいのリフォームポイント5選☆

  • 2017.5.14
  • 17724 views

リフォームをする場合、もっとも重要なのが戸建てかマンションなどの集合住宅かという点です。というのも、リフォームは住まいの構造によって大きな制約を受ける場合があるからです。今回ご紹介させていただくリフォームは、戸建て住宅で行われた施工事例が中心で、比較的自由度の高い住宅を前提してものとなっています。もちろん、こうした事例の中から、集合住宅などでも応用できるリフォームのアイデアを得ていただくこともできますので、ぜひ参考にしてみてください。

ライフスタイルを大切にしたい人が知っておきたいリフォーム事例

住む人の大切な時間をフューチャーするバーテーブル

個人のお宅に設けられたお子さんのための勉強スペースですが、テーブルがカフェのバーテーブルのような感じでとってもお洒落ですね。 

こちらは企業の会議室に設けられたテーブルですが、「社員がみんなで談笑できる場」というリクエストに応えて作られたそうです。会議室という既成概念に捕らわれない自由な発想がいいですね。 

こちらは窓に面したスペースに設けられた作業用のカウンターテーブルです。バーテーブルを採用したことによって、外からの光と景色を見ながら作業できるように工夫されていますね。

お部屋全体の調和を作り出すモダンな階段

使い勝手を優先するあまりデザイン的な面は後回しにされがちな階段ですが、木材の使い方や周囲との調和をつくりだすことで、とてもモダンな雰囲気になりますね。 

階段スペースを取りにくいお部屋の場合、階段そのものの存在感を大切にすることで思い切ったレイアウトが可能になります。こちらのお部屋もフロアに採用した無垢材とモダンな階段の組み合わせによって、お部屋全体を個性的な空間にしていますね。 

一見するとふつうの階段ですが、わざと節目のある木材を使うことで、階段に温かみのあるモダンな表情を作り出していますね。 

流行りのスタイルを取り入れるなら男前カフェ風ダイニング

コンクリートづくりの空間の中に作り出された、ナチュラルな木材の表情と無機質なステンレスの質感のコンビネーションが素晴らしいですね。素材の色彩を微妙に変えているのもカフェっぽくてお洒落です。 

こちらのレストランもコンクリートに囲まれた室内に、自然な質感のテーブルを配置することで、空間全体をモダンなカフェ風の印象にしています。 

こちらは落ち着いた雰囲気の中に、ペンダントライトやキッチンカウンターなどカフェスタイルの要素をふんだんに盛り込んだダイニングです。奥の壁面には黒板塗装をしてチョークで自由に書き込みができるといったギミックもあって面白いですね。 

和とのコラボレーションが活かしたリビングが新しい

住宅リフォームなどの場合に必ずと言っていいほど問題になるのが、従来からある和室の改造です。こちらのお部屋は和の持っている雰囲気を活かしながら、ペンダントライトや緋色のソファなどを採用することで、大正モダンな雰囲気をうまく演出していますね。 

こちらの和室の場合も、お部屋そのものをリフォームするのではなく、照明や家具によってまったく違った空間をつくりだしています。畳を床に変える最低限のリフォームで洋館のような素敵な雰囲気になっていますね。 

こちらのお部屋は、和室とダイニングキッチンをひとつに繋げるリフォームで、広々とした空間を作り出しています。外縁に面した建具に和室だった頃の面影を残しているのが素敵ですね。

ひとりの空間をエンジョイできるデザイン性と機能性を実現する洗面所

人気のスクウェアタイプの洗面台と直線で構成された調度を採用することで、とても大人な感じの空間演出がされています。自然な木目調とチャコールグレーのコンビネーションが、洗面スペースのモダンさを一層引き立てていますね。 

真っ白な壁面に取り付けられた鏡は、円形のミラーをタイルで縁取ったシンプルなデザインで、白く小さめな洗面台と好対照な存在感を感じさせてくれますね。 

こちらの洗面スペースは、自然な質感の木材を基調としながら、部分的に濃い目のカラーに塗装した金属を使うことで、とてもモダンな雰囲気を作り出しています。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?住宅のリフォームというと軽く感じられることも多いのですが、住む人のライフスタイルに合った空間でなければならないという点では、基本的には新築住宅を建てるのと同じなのです。リフォームをする上で大切なことは、住む人がどんな生活をイメージしているかを明確にするということです。今回ご紹介させていただいた施工事例は、単なるお部屋の改造ではなく、リフォームの中に暮らし方の提案が込められているので、これからリフォームをしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。