1. トップ
  2. 恋愛
  3. ジェームズ・フランコ、「仕事にマリファナは必要ない」!

ジェームズ・フランコ、「仕事にマリファナは必要ない」!

  • 2014.12.18
  • 240 views

米NBCの学園ドラマ『フリークス学園』で共演し、その後は互いが製作する映画に出演し合うなど公私ともに仲の良いジェームズ・フランコとセス・ローゲン。そんな二人が先日ラジオ番組に出演、マリファナ喫煙についての持論を展開した。

【関連フォト】ジェームズ・フランコも思わず踊る!? 映画『オズ はじまりの戦い』ジャパンプレミア

米Peopleによると、ジェームズとセスは、コメディアンで超人気ラジオパーソナリティのハワード・スターンの番組に出演。2008年の映画『スモーキング・ハイ』で、二人がマリファナ中毒のコンビを演じたことに話題が及ぶと、セスは「ジェームズはあの役を演じるのに、まったくハッパを吸わなかったんだ!」と切りだし、そこからはお互いのマリファナについての見解を語り始めることに。

以前はマリファナにハマっていたと認めながらも、ジェームズは「もうずっと吸っていないし、僕には必要ないよ。仕事に支障をきたすから、もちろん現場では吸わない」と語り、『スモーキング・ハイ』でのリアルでコミカルな演技は、純粋に演じているだけという。

一方で、マリファナ常習者と噂されるセスだが、ジェームズは、自身が監督した映画『Zeroville』に出演したセスが、撮影に臨む前にマリファナを吸っていたことを暴露!

しかし、「撮影中、セスがハイになっているなんて気づきもしなかったし、マリファナ特有の匂いもしなかったんだ。あのシーンはすごかったな」と語り、セスのプロ意識(!?)に脱帽した様子。

撮影中やメガホンを取っている際に、マリファナを吸うのが好きだと認めたセスも、「仕事中は支障がないようにしているし、自分のクリエイティブな作業にマリファナが必要なわけじゃない」と語っている。

ジェームズは、「ランチ時にグラス1杯の赤ワインを飲む習慣と同じなんじゃないかな?ただ、普通の人は自分をコントロールできないけど」と話し、自身の喫煙は否定しながらも、友人の趣向については寛容に受け入れているようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:何やらゆるい感じのご両人 ジェームズ・フランコとセス・ローゲン
(C)Izumi Hasegawa / www.HollywoodNewsWire.net
(C)Kazuki Hirata / www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む