1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新しい手帳のはじめどき!人気のほぼ日手帳を使いこなす技6選

新しい手帳のはじめどき!人気のほぼ日手帳を使いこなす技6選

  • 2017.5.3
  • 9226 views

9月になり、新学期、部署移動、新しい職場など新しい環境に身を置かれる方も多いかと思います。今回は、そんな切り替わりの時期にぴったりな、人気の「ほぼ日」手帳をご紹介! 学生、社会人、主婦、それぞれに合わせたおすすめの使い方も伝授いたしますよ~!

ほぼ日手帳とは?

ほぼ日手帳とは、コピーライターの糸井重里さんが主宰したwebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(通称・ほぼ日)」により発行されている手帳です。
2002年から毎年発売されています。

1日1ページという自由度の高いページ使いが特徴!
手帳だけでなく、メモ帳・日記帳・記録帳…と、使い道が幅広いところが人気なんです。

商品は大きく分けて4種類。
・文庫本サイズの「オリジナル」
・週間手帳の「weeks」
・A5サイズの「カズン」
・英語版の「Plannner」

 学生さんにおすすめの使い方

学業やバイト、飲み会の予定など、学生さんは意外とスケジュール管理が大変ですよね。
そのため手帳は必須アイテム!

ほぼ日手帳はページの左側にタイムテーブルが載っているので、一日のタイムスケジュールを細かく管理することができますよ。
文庫本サイズの「オリジナル」なら、教科書などと一緒に持ち歩いても邪魔になりませんし、見た目は本物の文庫本みたいでとってもおしゃれですよ♪

・本の感想をSNSにアップしてみよう

ほぼ日手帳の内容を、インスタグラムなどのSNSにアップすることが流行っています。
スケジュールはアップしにくいですが、たとえば本や映画などの感想なら、気軽に載せやすいですよね♪

好きなアーティストの新曲の感想や、ライブチケットなどを貼ってもいいかも。
スケジュール管理用と芸術鑑賞記録用、ぜひ2個持ちしてみましょう!

社会人におすすめの使い方

社会人はなんと言ってもお仕事用として使えます。
スケジュール管理はもちろん、会議内容をちょこっとメモしたり、取引先の電話番号をささっとメモしたり…。

そんなビジネスの場面で便利なのは、週間手帳の「weeks」です。
その名の通り、1ページに1週間単位のスケジュールを書き込めるようになっているので、仕事の予定管理がしやすいですね。

また、ほぼ日手帳の中で唯一、3月始まりの3月終わりとなっているため、年度をまたいで引継ぎなどが行われることも多い社会人にぴったりです!

サイズは「オリジナル」よりもスリムで、ちょうど長財布と同じサイズ。
うすくて軽く、持ち歩きに便利ですよ♪

・ダイエットにもぴったり♪

「weeks」は、一日あたりのスペースが少ない分、文章というよりはメモを残していく使い方が合っています。
そこでおすすめなのは、その日に食べたものをひたすらメモするという記録式ダイエットとして使う方法です。

仕事の予定を管理しつつ、空いたスペースに食事の内容を記録することで、「最近ちょっと食べ過ぎだな……」なんて気づけるはず♪
忙しい日々のなかでも、健康と美容に気をつけた生活を、ほぼ日手帳とともに送ってみませんか。

 主婦(ママ)におすすめの使い方

家事のこと、子供こと、仕事のこと…忙しい主婦(ママさん)は、手帳にメモすることがとにかくいっぱい!!

そこでおすすめなのは、A5サイズの「カズン」です。
文庫本サイズの「オリジナル」より一回り大きいので、書くスペースが広く、自由になんでも書き込めちゃいますよ。

人気の使い方は、子供の成長記録です。
子供のなにげない一言や、新しくできるようになったこと、そしてそのときの自分の気持ちを日記のように綴るのです。

思い出を、形として残すこと。
いつの日かそれを読んで「あ~こんな日もあったな」なんて家族で笑い合えたら、素敵ですね♡
大好きな家族との大切な日々を、記録しませんか。

・母でも妻でもない、女としての自分のために♡

女性は、母であり妻である自分をいつも優先させてしまいがち。
だからこそ、女である自分を忘れずにいてほしいなと思います。

そこで使えるのがほぼ日手帳です。
ファッションやメイク、ヘアスタイルなど、自分の趣味のことを書き綴ってみましょう。
写真のようにイラストを描いてもいいですし、雑誌の切り抜きを貼ってもいいですね。

母でも妻でもない、自分が自分でいられる時間を作ることで、きっと心も軽くなるはずです♪
癒しのような時間を自分にプレゼントしませんか。

いかがでしたか?
ほぼ日手帳の使い方は、本当にバラエティー豊かですよね。
あなたの日常が、ほぼ日手帳を取り入れることで、より楽しくなりますように♪