1. トップ
  2. 恋愛
  3. 誰を好きか分からなくなったら…酔っ払ったときに「ある事」をしたい人を選ぶ

誰を好きか分からなくなったら…酔っ払ったときに「ある事」をしたい人を選ぶ

  • 2017.5.1
  • 139275 views

普段から協調性があり、多くの男性から注目される女性っていますよね。
このコラムをご覧になっている方の中にも、当然いらっしゃることでしょう。
こういう女性は、普通の女性に比べても恋愛に機会が群を抜いて多いものです。
そりゃあ魅力的な存在なのですから、周囲の男性が放っておかないわけです。

 

■状況的に、自分は誰を好きなのかが分からない場合もある…

しかし、モテるというのも見方を変えれば少々困るものでもあるんですよね。
同時期に数名の男性からアプローチをされてしまい、しかもどの男性もそれなりに魅力的だった場合、誰と恋愛をすればいいのか、色々と悩むこともあるでしょう。
ルックス、収入、それ以外にも見るべきポイントっていくつもあります。
場合によっては「これもう分からないわね」とさじを投げそうになることもあるかもしれません。
こういうときは、正常な状態で、それぞれの男性のスペックを冷静に比較するのもいいのですが、あえて正常ではない状態になってみるのも手と言えば手です。
たとえばお酒を飲んで酔っ払ってみて、その状況で「では誰が一番素敵なのか」と考えてみる。
これって結構自分の本音と向き合えるチャンスだったりします。
 

■お酒を飲んで考え方を極力シンプルにしていくと…?

というのも、お酒が入ると、普段の自分よりも、いい意味で誰しもが直感的になり過ぎるんですよね。
感情がストレートに表面に出やすくなる、とでも言いましょうか。
そうすると、シンプルに物事を考えることができるようになります。
だから、酔っ払った状態で、たとえば誰と話したいか。
誰に電話をかけたいのかということを考えてみるわけです。
普段であれば余計な情報が錯綜して1人に絞れないとしても、こういう状態だと、案外すぐに答えが出てくるもの。
お酒が入った状態で話がしたいと思える相手こそ、自分が本質的に求めている異性、ということになるのです。
実際、こういうことって女性の中には何人か実感を伴うというか、身に覚えがある方もいるのではないでしょうか。
こういう状態でわざわざ嫌いな人に連絡する女性なんか滅多にいないでしょう。
普段言えない想いを伝えるため、好きな人に連絡をする方が、よほど多いはず。
それに、女性からの酔っ払った状態での電話やLINEって、受け手の男性からしても「あ、この子俺のこと好きなんだな」とすんなり理解できてしまいます。
筆者も、周囲の同性の友人たちも「酔っ払った状態で電話してくる女性は、大抵こっちに気があるよね」という意見でまとまっています。
恐らく世間の男性、みんなそうでしょう。
 

■おわりに

本当に自分が求めているのは誰なのか。
その答えを確かめるために、お酒を飲んでみてください。
そして酔っ払ったら、スマホを手に取り、誰に一番連絡したいか、考えてみるのです。
該当する男性が見つかったら、その男性こそ、本質的に自分が求めている相手ということです。
 
 
(松本ミゾレ/ライター)