1. トップ
  2. 恋愛
  3. 神田沙也加さんと村田充さんが結婚!「祝福される結婚をするには?」

神田沙也加さんと村田充さんが結婚!「祝福される結婚をするには?」

  • 2017.5.1
  • 170052 views

4月26日付の「スポニチ」が、歌手の神田沙也加さん(30)と、9歳年上の俳優の村田充さん(39)との結婚を発表しました。
その後、報道各社がこぞってこの話題を取り上げましたが、各社足並みをそろえたかのように「神対応」でした。「こいつ、結婚すんの?」的な報道は、一切なし。祝福路線の好意的な報道が目立ちました。

 

■二世タレント、悲喜こもごも

二世タレントが結婚したとき、「やっぱりあの親の子どもだから、こういう相手と結婚をするのね」とか、「親が金持ちだとイタイ子どもになるよね」というようなコメントが出てくることもあります。しかし今回は、沙也加さんはもとより、お相手の村田さんに対しても、そういう報道スタンスや、コメントは一切ありません。沙也加さんに対する報道は、まるで孤高の人のサクセスストーリー張り。
<01年にデビューするも伸び悩み、何度も“親の七光”の重圧に苦しんだ。関係はギクシャクし、04年には家を飛び出して絶縁状態となったこともある。聖子が決めた芸名「SAYAKA」を捨て本名で活動することを決意し、14年に「アナと雪の女王」でブレーク。母の手を借りずに成功をつかんだ中で、来月1日には母の事務所からも独立する。>
村田さんに対する報道は<周囲によると、村田は落ち着きがあり誠実な人柄。俳優業のほか、モデルとしてカリスマ的人気があったが「浮ついたところもない」>と、こちらも非常に好意的。
***
結婚報道の4日後の4月30日には、沙也加さんの舞台終了後のファンへの対応が「神対応」だったと報じられました。
<上演先だったメルパルクホール大阪の楽屋口で、ファン約100人を敷地内へ招き入れ、1人1人に対応した。(中略)出世するスターは、ほぼ例外なく丁寧な応対。“神対応”に慣れっこの記者から見ても、沙也加はタカラジェンヌに匹敵する丁寧さだった。1人1人の目を見て、きちんとあいさつを繰り返していた。>
 

■祝福される結婚とは?

メディアが神対応してくれる、つまり結婚を祝福してくれる芸能人は、プライベートでも人格者なのか?
こればかりは、本当のところがわかりません。親族や友人などは当然、知っているはずですが、我々一般人にはわからない。おそらく報道各社の記者にもわからないでしょう。記者は仕事として芸能人に会うわけであって、プライベートのことまではわからない。
しかもネットができてからというもの、メディアは本当のことを報道していない、という世論が強くなっているので、本当はどうなのか、実態はどうなのか、というのは、もう推測するしかありません。なので、沙也加さんの結婚に、報道各社が神対応なのは、大手芸能事務所の圧力があるからか? と邪推することも可能です。
時期をほぼ同じくして結婚発表をした菊川怜さんは、「な~んだ、やっぱり大金持ちと結婚するのか」とコメントされたりもしています。かわいそうに。
***
スマホ1台でお金を稼げる時代です。食事だってスマホがあれば困ることはない。友だちをつくるのも恋人をつくるのも、スマホがあればOK。
このようなまことに便利な時代に求められるのは、人に好かれることです。
人に好かれている人は、たとえば近所の人がみかんをくれることもあります。スマホでお取り寄せをしなくとも、みかん「くらい」近所の人がタダでくれます。すると、なにかをお返しします。お返しすると「次」があります。お取り寄せをしなくとも、またみかん「くらい」手に入ります。
おそらく沙也加さんも同じです。日ごろから人に好かれているから(好かれる努力をしているから)、好意的な報道くらい、わけもなく手に入ったのでしょう。それに対して、ご本人や親族が(おそらく)ちゃんとお礼をしているから、次の報道も「沙也加、舞台終了後にファンに神対応」となったのでしょう。
我々一般人も同じです。日ごろから人に好かれていたら、恋人ができたときも結婚するときも、周囲の人に祝福されるはずです。
***
人に好かれること、人の期待に応えること、こういうことは空気を読まないとできないことです。そして「空気を読みすぎること」は、「よくないこと」という論調もあります。
空気を読みすぎると疲れるし、「いい子」として小さく生きることになるので、空気は適当に読んで、適当に家に帰って、スマホやPCで自分の世界に浸ろうぜ! みたいな生活をしている人って、大勢いますよね?
でもまず日ごろから、アナログ的に人に好かれることをやってみる。なぜなら他人の好意はお金では絶対に買えないし、人はひとりでは絶対に生きていけないから。
スマホという便利なものだけでも生きていけるこの時代に、人に好かれることがもっとも価値ある生き方だと、30歳の沙也加さんは物語っています。
 
(ひとみしょう/ライター)
※引用・参考 沙也加5・13“披露宴” 結婚発表、聖子不在の3ショット公開
※引用・参考 タカラジェンヌに匹敵!神田沙也加のファン神対応