1. トップ
  2. スキンケア
  3. 繰り返すイヤ〜な背中ニキビ!対策法5つ

繰り返すイヤ〜な背中ニキビ!対策法5つ

  • 2017.4.25
  • 1971 views

気温が高くなり、汗ばむ日が増えてくるこれからの季節。肌の露出も増え、背中の開いたファッションを着る時に気になるのが背中のニキビです。
汗腺が多く、ニキビができやすい背中は、少し気を遣わないといけない場所。服を脱いだら背中がニキビだらけだった、では彼もちょっとビックリしてしまうかもしれないし、夏にビキニを着る予定の人はキレイに保っておきたいところですね。
そこで今回は、そろそろ気をつけたい「背中ニキビ対策」を、エステ講師の筆者がご紹介します。

■後ろ姿にも自信がもてる!背中ニキビ対策

●なるべく入浴する
忙しいとシャワーで済ませたい日もありますが、背中ニキビ対策のためにもなるべく入浴したいところ。血行を良くし、毛穴を開くことで皮脂詰まりもしにくくなり、角質が柔らかくなることで肌の新陳代謝が正常に行われるようになります。

●体を洗う順番に気をつける
体を洗う順番は、髪→ボディ→顔の順がおススメです。
髪の長い人は髪を洗った後に束ねて、首の後ろや背中もしっかり洗うように気をつけましょう。シャンプーのすすぎ残しが背中ニキビの原因を作ることもあります。

●シャワー後はしっかり背中も拭く
濡れたままだと雑菌が繁殖してしまいます。背中もしっかり拭くようにし、入浴後に汗がしばらくひかないという人は、吸水性のあるタオル地などのバスローブを着て、汗がひいてからパジャマや部屋着に着替えるといいですよ。

●汗拭きシートは背中にも
汗ばんだ、と感じた時に汗が溜まる場所は汗腺が多い場所。汗をかいたら脇、胸の谷間、背中を汗拭きシートでこまめにケアすると、ニキビ対策だけでなくニオイケアにもなります。

●寝る時は毎日肌着を変える
冬でも睡眠中、コップ1杯分の汗をかくといわれていますが、シーツを毎日変えるのは大変。肌触りのいいコットン素材の肌着などをパジャマの下に1枚着ると寝汗を吸湿してくれます。1週間洗ってないパジャマは雑菌の温床かも。肌着を毎日変えて、清潔な状態で寝たいですね。

■おススメの背中ニキビ対策アイテム

筆者も毎年、背中に1~2個くらいのニキビを作ってしまっていましたが、昨年はニキビ対策アイテムが大活躍し、ひとつも作らずに済みました。使ってみて良かったものをご紹介します。

・毛穴撫子 重曹つるつる風呂/石澤研究所 ¥216(税込)

『美人の湯』とよばれるpH8.5以上のアルカリ性重曹泉がありますが、この入浴剤は40℃の水道水200リットルでpH9.7の美人湯が自宅で楽しめます。
皮脂や汚れを浮き上がらせる重曹は、古い角質を柔らかくすることで、手が届きにくい背中の毛穴もすっきり。肌のザラつきや黒ずみが気になる時にもおススメです。

・セナキュア/小林製薬 オープン価格

ブツブツの角質を柔らかくして毛穴の詰まりをとり、殺菌作用、皮膚修復作用があるスプレー式の治療薬。逆さまでも使えます。
セナキュアという名前ですが、顔も含めて全身使ってOKだそう。低刺激で、使った感じもサラサラ。汗をかく季節もべたつかず、肌なじみがいいですよ。

いかがでしたか? 後ろ姿美人になれるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。
※価格は全て編集部調べ

(紅華堂主宰・リフレクソロジスト・坂本 雅代)