1. トップ
  2. お仕事
  3. 『SNL』初ホストを務めたマーティン・フリーマン、『ホビット』と『The Office』のクロスオーバーを実現!

『SNL』初ホストを務めたマーティン・フリーマン、『ホビット』と『The Office』のクロスオーバーを実現!

  • 2014.12.17
  • 433 views

『SHERLOCK シャーロック』や『FARGO/ファーゴ』で活躍中のマーティン・フリーマンが、ビルボ役で主演を務める映画『ホビット 決戦のゆくえ』のアメリカ公開に先立ち、先週土曜に米NBCの『サタデー・ナイト・ライブ(SNL)』に初ホストとして登場。数々のコントに出演するなか、とりわけ『The Office』と『ホビット』のクロスオーバー・コントが話題となっている。

【関連動画】最終章『ホビット 決戦のゆくえ』の見どころは? ピーター・ジャクソン監督が語る!(W流)

『The Office』は、英BBCで2001年~2003年にわたり3シーズンが放送された人気コメディで、マーティンがレギュラー出演した作品。マーティンは、リッキー・ジャーヴェイス演じる無神経でマヌケな上司に振り回される部下の一人、素朴な青年ティムを好演した。なお、ハリウッドでは米NBCで『ザ・オフィス』としてリメイクされた。

今回、マーティンが初ホストを務めた『SNL』では、『The Office 中つ国』と題したコントが登場。仲間との冒険を終えたビルボ(マーティン)が、製紙会社の職に戻るという設定だ。空気の読めないボスは魔法使いのガンダルフ(ボビー・モナハン)で、同僚は邪悪なゴラム(タラン・キラム)。マーティン扮するビルボは、『The Office』のティム同様、やっぱり上司や同僚にウンザリしている。「一緒に働く人間は選べない」と漏らし、「僕のしたことは何だったんだろう。旅に出て中つ国を救って、ちょっとしたヒーローにもなったのに。勇ましいホビットのビルボ・バギンズは今、製紙会社で働いている」と久々の日常に不満の様子。ちなみに、このコントでは、タラン扮するゴラムが最高だと評判だ。

『The Office』のドキュメンタリー・タッチや世界観もキープしているコント『The Office 中つ国』は、『SNL』ファンのみならず、マーティンや『The Office』ファンにも必見の内容。『SNL』シーズン40は現在Huluで配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーティン・フリーマン
(C)Izumi Hasegawa / www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む