1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大ショック…3人に1人が遭遇したXmasの「がっかりデート・プレゼント」とは?

大ショック…3人に1人が遭遇したXmasの「がっかりデート・プレゼント」とは?

  • 2014.12.17
  • 254 views

クリスマスはどんなデートになるかな? どんなプレゼントがもらえるかな?……なんて考えるだけで、年末の忙しさも乗り切れる気がしますよね♪

でもこのウキウキした気持ち、がっかりに変わったことってありますよね?

私もこんなことならそれとなく何がしたいか、何が欲しいか伝えておけばよかったと後悔したこと多々あり。そんな気持ちになっている人、実は多いようです。

株式会社ウエディングパークが運営するガールズスタイルLABOが20代~30代の女性112人を対象に行った調査によると、「今までおつきあいした彼とのクリスマスデート・プレゼントでがっかりした経験はありますか?」との質問に、3人に1人(33%)が「はい」と回答。中には「価格差が10分の1」だったという人や、子どもだましのような「お菓子のブーツ」だったり、冬にどうやって使うんだ!?と突っ込みたくなる「ぬいぐるみのカバー付きアイスノン」といった意見も。

Woman Insight編集部が以前調査した‟がっかりプレゼント”の額の平均は5,034円。「自分でも買える値段」「友達にもあげられる値段」かどうかがポイントのようです。ちなみに「値段にはこだわらない」という天使の心を持つ人は10%弱……これが女のホンネ。

そこでさらに編集部内で‟がっかりデート”と‟がっかりプレゼント”についてアンケートを実施。その結果、何とも悲惨な経験談がたくさん聞かれました。

★今までおつきあいした彼とのクリスマスデートでがっかりした経験は?

・イブは仕事だからと言われ、前日にデート。そしたら翌日、別の女の子とデートしているところを見てしまった。(30代前半)

・「特別なプランを用意したから」と家に招待されたので、期待して行ったら、特にクリスマス感もなく、ただの家飲みだった。(20代後半)

・デートプランを全く決めてくれてなくて、街中をブラブラ。素敵なレストランは予約がなくて入れず、その辺にあった適当なお店に。そして一言、「行き当たりばったりの方が楽しいでしょ?」(30代前半)

・私はイブが仕事だったので、前日にデートを企画していたのに、彼に忘れられていて寒い中待ちぼうけ。(20代前半)

・彼に宗教上、クリスマスは祝えないと言われた(30代後半)

・ドライブデート中に昼間スピード違反で捕まり、さらに夜、駐車違反で捕まった。(20代後半)

★今までおつきあいした彼とのクリスマスプレゼントでがっかりした経験は?

・2,500円→1,500円の値引きシールが貼られた手袋だけだった。(30代前半)

・「時間がなかったからコレで買っておいで」と封筒をもらう。期待して中をみると1,000円札1枚だけだった。(20代後半)

・サンタの洋服を着たくまのぬいぐるみ。絶対いらない。(30代前半)

・ピアスがあいていないのに、ピアスをもらう……私のことちゃんと見てないのね、と幻滅。(30代前半)

・ワインが好きでないのに、プレゼントがワインだった。(30代後半)

・おそろいのトレーナー。一緒に着てデートに行こうと言われたが断った(笑)(20代後半)

・プレゼントがコンビニで買った小さなデザートだけだった。(20代後半)

・私はプレゼントを用意したのに、彼からは「今度一緒に買いに行こう!」と言われ、結局その前に別れてしまった。(30代後半)

うーん、自分のことだったらと思うと涙が出そうな体験ばかり。そこでこうならないための必殺プランを考えてみました。

★クリスマスデート・プレゼントでがっかりしないための必殺プラン★

□「こんな悲惨な経験があるらしいよ~」と彼にNGパターンを伝えておく。

□クリスマスデートはお互いが好きなものをプレゼントしあうショッピングデートにする。

□理想のクリスマスデートが書かれた雑誌などをさりげなく彼の見そうな場所に置いておく。

□「いまこんなものが流行っているらしいよ~。知ってる?」と、世間話の中で行きたい場所、欲しいものの話をしておく。

□自分でデートプランを立てる。

クリスマスの理想プランを話し合っておくのがやはりいちばん無難な方法。

でもなかなかできないという人は、「○○が壊れちゃって困ってる…」「○○がなくなっちゃってショック…」と欲しいものをさりげなくアピールするなんていうのもアリかもしれませんね!(いしかわちえ)

情報提供元:株式会社ウエディングパークガールズスタイルLABO

元記事を読む