1. トップ
  2. 恋愛
  3. ジョージ・クルーニー、90年代ハリウッドを描いたTVシリーズを製作

ジョージ・クルーニー、90年代ハリウッドを描いたTVシリーズを製作

  • 2014.12.17
  • 352 views

過去にもTVシリーズを手掛けてきたプロデューサー兼監督で俳優のジョージ・クルーニーが、このほど豪華な製作陣をひっさげ、90年代ハリウッドを舞台とした新しいTVドラマを製作することが明らかになった。米Vulturesが報じている。

【関連記事】TVドラマからスーパーヒーローへ!転身を遂げた俳優たち<前編>

同プロジェクトはこの夏、クルーニーの経営するプロダクション会社、スモークハウス・ピクチャーズがソニー・ピクチャーズ・テレビジョンと共同製作することで合意したもので、パイロット版では映画『カポーティ』『マネーボール』で知られ、アカデミー賞の有力候補として呼び声も高い新作映画『フォックスキャッチャー』を手掛けたベネット・ミラーが監督を務めるほか、TVシリーズ『レスキュー・ミー NYの英雄たち』のピーター・トランが脚本家として参加することが決まっている。トランはクルーニー、スモークハウスのグラント・ヘズロウとともに製作総指揮も務めるという。

同シリーズの詳細やクルーニー自身の出演などについては明らかにされていないが、関係者の話によると、製作会社の幹部を主人公として90年代ハリウッドの映画界を描き出す1時間のダーク・コメディになるという。同作品はあくまでもフィクションだが、90年代に映画界のスターダムへと駆け上ったクルーニーの実体験が作品に投影される可能性は十分に考えられる。脚本担当のトランも、90年代に一世を風靡した伝説的シットコム『ザ・ラリー・サンダース・ショー』の脚本家としてハリウッド界を隅々まで知りつくした人物だけに、当時の業界事情がリアルに映し出された作品となりそうだ。

情報筋によると、先週クルーニーとトランが接触したネットワーク局の幹部は、早くも同企画に強い関心を示しているという。また、ソニー側も現時点で複数のベーシック・ケーブル局およびプレミアム・ケーブル局、そしてネット配信サービス1社に接触したようだ。

クルーニーはスティーヴン・ソダーバーグとタッグを組み、2005年にもハリウッドを題材にしたTVシリーズ、『Unscripted(原題)』を米HBO向けに製作したが、同作は1シーズンで打ち切りとなっている。名医療ドラマ『ER緊急救命室』でブレイクし、映画界を制したクルーニー。プロデューサーとしてTV界に再び挑む彼の意気込みに期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョージ・クルーニー
(C)Ima Kuroda / www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む